最新記事

新型コロナウイルス

夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

2020年4月7日(火)19時10分
松岡由希子

4月7日東京 REUTERS/Issei Kato

<風邪を引き起こす4種類のヒトコロナウイルスは、夏季は感染が少ない。新型コロナウイルスでも同様の流行パターンがあるのだろうか......>

季節性インフルエンザは、一般に、冬に流行し、春になって気温が上昇すると終息する。2019年末以降、中国から流行が広がった新型コロナウイルスについても、当初は「暖かくなれば終息するのではないか」との楽観的な見方があったが、感染者数は2020年4月6日時点で121万人を超えた。北半球の多くの地域で春が到来し、専門家は、新型コロナウイルスが季節性インフルエンザと同様の流行パターンをたどるのか、注視している。

夏になっても、感染は広がり続けるとみられる

英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームは、2006年から2011年までの英国でのデータをもとに風邪を引き起こす4種類のヒトコロナウイルス(HCoV)の流行パターンを分析し、2020年3月30日、未査読の研究論文をオープンアクセスジャーナル「ウェルカム・オープン・リサーチ」で公開した。

これによると、ヒトコロナウイルスは冬に流行して2月にピークを迎え、夏季は感染が少ないことがわかった。研究論文の筆頭著者であるユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのロブ・オールドリッジ博士は「これらのヒトコロナウイルスについては、夏は感染者が少なく、冬になると感染が広がると考えられる」とする一方、「新型コロナウイルスでも同様の流行パターンがあるのかどうかは不明だ」と述べている。

新型コロナウイルスはまったく新しい感染因子であり、現時点では、免疫を獲得している集団がない。従って、夏になっても、感染は広がり続けるとみられている。

英インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)のウイルス学者マイケル・スキナー博士は、英紙ガーディアンで「新型コロナウイルスの活動が季節によって変動し、これが流行に一定の役割を果たしていると考えられる」としながらも、「その影響度は、社会的距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)で得られる効果に比べれば、極めて限定的だ」とコメントしている。

英レディング大学のベンジャミン・ニューマン博士も同様の見解を示す。「新型コロナウイルスは氷点下に近い冬の中国で流行がはじまり、現在では、北極圏に位置するアイスランドから赤道直下のブラジル、エクアドルまで、広範囲で感染が広がっている。また、冬から春になり、ウイルスの感染拡大は世界で加速している」と強調する。

ニュース速報

ワールド

東京五輪、観客制限して開催を=ロムニー米上院議員

ビジネス

トヨタ、12月の世界販売10%増・世界生産14%増

ビジネス

中国、反トラスト問題で海外当局との連携望む=人民銀

ワールド

第4四半期のフィリピンGDP、前年比-8.3% 予

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月