最新記事

韓国経済

韓国、2019年GDPは+2.0%で10年ぶりの低水準 今後は新型肺炎の影響で消費減少か

2020年1月22日(水)11時46分

韓国中銀が発表した第4・四半期GDP速報値は、政府支出の急増を受けて、前期比で約2年ぶりの高い伸び率を記録した。ただ2019年通年のGDP伸び率は2.0%と、2009年以来10年ぶりの低水準だった。写真は仁川で2016年5月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

韓国中銀が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、政府支出の急増を受けて、前期比で約2年ぶりの高い伸び率を記録した。ただ、輸出不振や世界的な貿易摩擦を背景に、2019年通年のGDP伸び率は2.0%と、2009年以来10年ぶりの低水準だった。

第4・四半期GDPは、季節調整済み前期比1.2%増加し、2017年第3・四半期以降で最も高い伸びとなった。ロイターがまとめたアナリスト予想中央値(0.8%増)も上回った。

スタンダード・チャータード銀行(ソウル)のエコノミスト、Park Chong-hoon氏は「成長を押し上げたのは明らかに政府支出で、足かせとなったのは輸出だ」と指摘。その上で「米中の通商合意署名や中国の景気刺激的財政政策を背景に今年の輸出見通しは改善している」と語った。

第4・四半期は、公共インフラへの政府支出増と民間消費の回復が成長率を押し上げた。一方、輸出は成長にまったく寄与しなかった。

民間消費は第4・四半期に前期比0.7%増、建設投資は6.3%増。一方、輸出は数量ベースで0.1%減少した。

第4・四半期GDPは前年同期比では2.2%増加。1年ぶりの高い伸びを記録し、予想(1.9%増)を上回った。

韓国中銀の高官は「(2019年通年の成長率)2%のうち、政府部門の寄与はネットベースで1.5%ポイントと、2009年以来の大きさだった。しかし、輸出の点では韓国にとって厳しい年だったという事実に変わりはない」と指摘した。

また、GDP統計発表後に行われた記者会見で、別の中銀当局者は、中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大が消費支出に打撃を与えかねない新たなリスクとなっていると指摘した。

同当局者は「中東呼吸器症候群(MERS)の感染が広がった際には、外出や旅行を控える動きが出た。この点からすると新型ウイルスの感染拡大によって、消費は減少する可能性がある」と語った。

*内容を追加して再送します。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200128issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

ニュース速報

ビジネス

ダウ469ドル高、減産合意期待で原油急騰 石油株に

ワールド

伊の新型コロナ死者1.4万人、感染者11.5万人

ビジネス

ドル続伸、過去最多の米失業保険申請受け=NY市場

ワールド

原油先物20%超高、過去最大の上昇 サウジとロシア

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月