最新記事

サウジアラビア

サウジアラムコ上場、時価総額204兆円の世界最大の企業に 石油依存脱却目指す

2019年12月12日(木)08時51分

サウジのジャドアーン財務相は11日、ロイターとのインタビューに応じ、アラムコ上場はサウジの石油依存からの脱却と経済の多角化を後押しすると述べた。アブカイクで10月撮影(2019年 ロイター/Maxim Shemetov)

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ<2222.SE>が11日、サウジ証券取引所(タダウル)に上場を果たした。サウジのジャドアーン財務相はロイターとのインタビューに応じ、アラムコ上場はサウジの石油依存からの脱却と経済の多角化を後押しすると述べ、上場の意義を強調した。また外資の誘致にも役立つとした。

アラムコ株の初値は35.2リヤル(9.39ドル)と公開価格の32リヤルから10%上昇、ストップ高で初日の取引を終えた。時価総額は1兆8800億ドルと世界最大の上場企業に躍り出た。ただしムハンマド皇太子が目指していた2兆ドルには届かなかった。調達額は256億ドルと、2014年に上場した中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングを抜き史上最大を記録した。

ジャドアーン氏は「調達額は全額ではないにせよ、その大半が地域の経済やプロジェクトに利用される。(サウジ政府系ファンドの)公的投資基金(PIF)はその筆頭であり、民間セクターの参加拡大が期待される」と述べた。

アラムコは発行済み株式の1.5%を売り出したが、買い手の3分の1はサウジの個人投資家であり、国内資産の保持や貯蓄を後押しするとした。またアラムコ上場は国内の資本市場の深化ばかりでなく、外資の誘致にもつながると強調。「これだけの良質資産であれば投資妙味も高まるし、アラムコが注目されれば、他の国内資産への注目度も増すだろう」とした。

同時にアラムコ上場に伴う国家財政への効果は、目に見えるまで時間がかかるとも指摘。「PIFが取得する金額が250億ドルであろうと1000億ドルであろうと、運用するには時間が要る」と話した。

[リヤド ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191217issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月17日号(12月10日発売)は「進撃のYahoo!」特集。ニュース産業の破壊者か救世主か――。メディアから記事を集めて配信し、無料のニュース帝国をつくり上げた「巨人」Yahoo!の功罪を問う。[PLUS]米メディア業界で今起きていること。


ニュース速報

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

ビジネス

英アストン・マーチンCEOが退任、後任はメルセデス

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月