最新記事

トレンド

カフェ王国築いた韓国のスタバ愛

首都の店舗数ではイタリアやアメリカもしのぐ韓国スターバックス。出店規制をものともせず急拡大中

2014年6月27日(金)12時41分
テジョン・カン

快進撃 韓国チェーンも健闘しているが目下は一人勝ち状態だ SeongJoon Cho-Bloomberg/Getty Images

 いま世界一のカフェ大国といえば、イタリアかアメリカ......ではなく、なんと韓国だ。首都ソウルにはスターバックスの店が284店舗ある。ニューヨークよりも7店舗多い驚異的な人気ぶりだ。韓国全体では642店舗で、世界で6番目に多い。

 スターバックスの大躍進に警戒を強めているのは韓国生まれのカフェチェーン各社。国産ブランドを守り、多様性に富んだカフェ文化を存続させようと、当局に規制を求めている。

 スターバックスが韓国に1号店を出したのは99年。以後急成長を遂げ、00年代は年間約30店舗、11年以降は約80店舗のペースで増加した。昨年は新たに122店舗、今年は4月までで50店舗が新たにオープンしている。

「韓国ではスターバックスは高級ブランドとみられているので、貸しビルのオーナーが出店を歓迎する。ビルのイメージアップにつながるからだ」と、ソウルにあるスターバックスの店舗のマネジャーは匿名を条件に明かす。「ソウルとその近郊は既にカフェが飽和状態で、チェーン各社は地方進出を目指している。スターバックスもその例外ではない」

国産ブランドに大差つけ

 スターバックスの躍進を横目に、韓国生まれのカフェチェーンは苦戦中だ。スターバックスの主要なライバル「エンジェル・イン・アス」は今年に入って30店舗、「カフェ・ベネ」は10店舗、「ホリーズコーヒー」は5店舗、「トゥーサム・プレイス」は10店舗増えただけだ。

 店舗数の差は売上高の差に直結する。スターバックス韓国の売上高は年間4億5000万ドル前後だが、一番近いライバルのエンジェル・イン・アスは約2億9400万ドルだ。

 韓国公正取引委員会は11年11月、中小企業を保護するためフランチャイズ大手の出店規制に乗り出した。新制度では国産ブランドも含め100店舗以上を展開する大手チェーンは、既存店から半径500メートル圏内には新店舗の出店が認可されない。だがスターバックスは直営店方式なので、規制の対象外となる。

 韓国では10年に設置された民間組織「同伴成長委員会」が、大企業と中小企業の競争状況の調整を行っている。外食産業の中小企業団体が、大手チェーンに規制を課すようこの委員会に公式に要請したが、今のところ前向きな回答は得られていない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:米株、例年以上の「夏枯れ」か 物価と大統

ワールド

サウジへの攻撃用兵器の売却禁止、米が数週間以内に解

ビジネス

日銀の正木企画局長が午後3時20分から参院決算委に

ビジネス

インフレ予想押し上げには成功、2%にアンカーする必
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中