最新記事

世界経済

銅の下落に世界の投資家が注目する訳

1ポンド当たり3ドルを下回った銅価格は、投資家に大恐慌並みの衝撃を与えている

2014年4月9日(水)15時38分
マイケル・モラン

先行指標 銅は目立たないが経済のあらゆるところに使われている Nicolas Vallejos Photography and Design-Flickr/Getty Images

 銅の価格が下落している。そう言われても、多くの人は何の感想も浮かばないだろう。銅で連想するものと言えば1セント硬貨くらいのものだが、それすら厳密には正しいと言い切れない。82年以降の1セント硬貨は97.5%が亜鉛で、銅は表面メッキの2.5%しか使われてない。

 だが経済の専門家は銅に熱い視線を送っている。彼らのブログは今や銅の話題でもちきりだ。1ポンド(約454グラム)当たり3ドルを下回った銅価格は、彼らに大恐慌並みの衝撃を与えている。11年にスタンダード&プアーズ(S&P)が米国債を格下げしたときや、08年のリーマン・ショック時の衝撃にも匹敵する。

 リーマン・ショック級の危機が世界に迫っている──というのは、おそらく言い過ぎだ。それでも、経済の専門家たちが銅に注目するのにはそれなりの理由がある。

 銅は、現代社会で生産されているほとんどの製品に使用される。少し例を挙げるだけでも発電、建築、配線、配管、空調、通信、電子回路基板、ベアリング、モーター、自由の女神像など枚挙にいとまがない。

 そのため銅は、世界経済の動向と密接に関わっている。銅市場を見れば、グローバル経済の行く末が占えるというわけだ。

 だが近頃の銅の下落は、経済学者や市場のプロにとっても不可解な部分がある。下落の原因としてよく挙げられるのは、3月に中国経済に関する悪いニュースが相次いだこと。世界最大の銅の消費国で需要が弱まったことで、多くの在庫が倉庫に眠っているというのだ。

金融取引の「道具」だった

 一方で、銅市場は以前から典型的なバブル状態にあったとする声もある。中国の投資家はゼロ金利下にある米ドルを借り入れて銅を輸入し、その銅を売却して得た人民元を高金利で運用。金利差で儲けてドルの借金を返済する、という投機的な取引を多く行ってきた。

 つまり銅は実需に基づいて輸入されるのではなく、金融取引の「道具」に使われただけ。そうした銅は製品に使われず、倉庫に保管されているだけの状態になる(その結果、銅は供給不足になり、価格は急騰した)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 8

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 10

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中