最新記事

テクノロジー

アップルがグーグルを訴えない理由

スマホ 知的財産権の侵害を巧みに回避する「本命」グーグル相手では勝ち目がない?

2012年9月28日(金)15時00分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

盛者必衰 アンドロイドは「アップルのまね」から「アップル超え」へ Robert Galbraith-Reuters

 アップルはグーグルのアンドロイドOSを搭載したスマートフォンの製造元を次々と訴えてきた。しかしグーグルに対しては1件の訴訟も起こしていない。当面はグーグルのパートナー企業を徹底してたたき、つるし上げ、彼らがアンドロイドから手を引くのを待つ作戦らしい。

 なぜグーグルを正面切って訴えないのか。相手が強いからだ。アップルの知的財産にまつわる問題に関して、グーグルはパートナー企業よりも格段に賢い。

 アンドロイドOSのコア・システム(グーグルがメーカー各社に提供する基本コード)は、アップルが特許を主張しそうな特徴を慎重に回避している。例えばiPhoneでは、メニューをスクロールして最後まで行くとスクリーンが「バウンド」する仕組みになっているが、アンドロイドではスクリーンが「ティルト(傾く)」。

 ロック画面にも工夫がある。アップルは(信じがたい話だが)iPhoneの「スライドしてロック解除」機能を自社の発明と主張しており、他社には使わせない。そこでアンドロイドの最新版では、ロック画面に南京錠のアイコンを採用した。これを右に動かすと電話が使え、左に動かせばカメラが使える。真っすぐ上ならグーグル・ナウに飛んで天気予報や交通情報をチェックできる。お分かりだろうか。グーグルはアップルのまねどころか、アップルより優れたものを生み出せるのだ。

 カリフォルニア地裁でのサムスン敗訴を受けて、グーグルは「今回問題となった特許の大部分はアンドロイドOSのコア部分と無関係だ」とする声明を発している。そのとおりだが、すべてが無関係とは言い難い。

 今回の訴訟で特許侵害と指摘された機能に、「ピンチ(つまむ)してズーム」と「タッチしてズーム」がある。画面表示を拡大する際の指の動かし方に関するものだが、同様な指の動かし方はアンドロイドのコアにも組み込まれている。

 もちろんアップルは、ピンチもタッチも自社の発明と主張している。どうすればグーグルはこの主張に反論できるか。

 見た目は同じでも実行するプログラムが異なる、と主張することもできるだろう。あるいは一連の訴訟のどれかが、いずれ連邦最高裁まで行くのを待つ手もある。そうすればまともな判事が、ユーザーインターフェースの基本的要素や(タッチやピンチといった)ありふれた動作には特許を設定できないとの判断を下してくれるだろう。

 まあ、実に常識的な判断である。あいにく今の業界には、その常識が欠けているのだが。

[2012年7月18日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ホンダ、加オンタリオ州に数十億ドル規模のEV製造設

ワールド

EU、ウクライナ防空強化急ぐ パトリオット供与確約

ビジネス

NY外為市場=ドル一時154.85円、34年ぶり高

ワールド

北朝鮮アニメーター、西側の番組制作に協力か 制裁違
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中