最新記事

債務危機

ドイツ国債「札割れ」は風評被害か

健全なドイツ国債が売れない!?異例の事態は市場からの警告かもしれない

2012年1月10日(火)15時47分
千葉香代子(本誌記者)

両刃の剣 メルケルは過重債務国が苦い薬を飲むことにこだわるが Tobias Schwarz-Reuters

 揺れに揺れているユーロ圏の債券市場。ギリシャやイタリア、スペインに続いて先週、欧州の優等生ドイツの国債に異変が起きた。ドイツ政府が行った10年物国債の入札が、応札額が募集額に満たない「札割れ」になったのだ。募集額は60億ユーロだったが、応札額はたったの39億ユーロ。その後ドイツ国債の利回りは上昇し(価格は下落)、翌朝には2・23%まで急騰。財政難と不況に苦しむイギリス国債の2・2%を上回った。

 ドイツ国債がこれほど敬遠されるのは異例中の異例で、欧州債務危機がいよいよ中核国に及んだとみられた。欧州最強のドイツ経済もついに危ぶまれるようになったのか、それともギリシャやイタリアなどの「劣等生」が引き起こしたユーロ危機の「風評被害」を受けたのか。

 これまでは「質への逃避」で買われてきたドイツ国債の信用に投資家が不安を感じ始めたとしたら、理由は3つ考えられる。

 1つは、単純に「高過ぎた」から。ユーロ危機が起きて以来、投資家はこぞってドイツ国債を買ってきたため、価格が高騰。利回りは1・98%という歴史的低水準まで下がっていた。

 2つ目は、通貨ユーロの信認が持たないと見なされ、投資家がユーロ圏全体に背を向け始めた可能性だ。現にドイツの札割れ後は、フィンランド、オーストリアなどドイツと同様財政状況への評価が高かったユーロ圏諸国の国債も売られた。

 その一方で、ユーロに加盟していないイギリスやスウェーデンの国債利回りは低下。各国の実体経済が無視されて「ユーロ」と名が付くだけで敬遠されたのは、風評被害と言えなくもない。

劇薬に怯え始めた市場

 ドイツ国債札割れの原因の第3の可能性は、市場がドイツに政策変更を迫っていること。現在、ユーロ危機を止めるために期待されている2つの政策がある──ユーロ共同債の発行と、欧州中央銀行(ECB)による量的緩和政策だ。いずれも借り手に甘く危険だとしてメルケル独首相が強硬に拒否している。

 ユーロ共同債は、例えばギリシャ政府だけの信用力ではお金が借りられなくても、ユーロ圏全体の信用力で債券を発行して資金調達する構想。ドイツのように強い国が脆弱な国の借金を負担することになるため当然、反対だ。先週、メルケルがユーロ共同債は「必要と思わない」と発言すると、世界の金融市場に失望売りが広がった。量的緩和策は日本もアメリカも行ってきた金融政策だが、インフレを警戒するドイツは及び腰だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

経済の道行きに変更「想定せず」、官房長官 定額減税

ビジネス

米イーライリリー、インディアナ新工場に53億ドル追

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米政府、豪ビクトリア州から鳥類輸入禁止 鳥インフル
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中