最新記事

携帯

快進撃サムスンを待つ落とし穴

スマートフォン「ギャラクシー」は絶好調だが、アップルの特許訴訟やグーグルによるモトローラ買収が転落の引き金になる恐れも

2011年9月26日(月)14時30分
千葉香代子(本誌記者)

勝算は? サムスンは9月初めに新型タブレット端末「ギャラクシータブ7・7」を発表したが Thomas Peter-Reuters

 4月に発売したスマートフォンの新機種「ギャラクシーS2」を世界最短の3カ月弱で500万台販売するなど、快進撃を続けてきた韓国サムスン電子の前途に、突如暗雲が垂れ込め始めた。

 ドイツのデュッセルドルフ地裁は今月初め、iPadのデザインをサムスンに模倣されたとするアップルの特許侵害の訴えを受け入れ、サムスンの新型タブレット型パソコン「ギャラクシータブ10・1」の販売をオランダを除くEU各国で差し止める仮処分を決定。差し止めは後にドイツのみに限定されたが、サムスンのタブレット型パソコンの年間販売目標750万台のうち250万台程度が行き場を失うところだった。

 しかも特許訴訟は、ギャラクシー携帯も含めアメリカ、オーストラリアなど世界中に拡大している。

 さらに先週、携帯端末メーカーにOS「アンドロイド」を提供しているグーグルが、米携帯電話メーカーのモトローラ・モビリティの買収を発表。これまでの無償公開をやめ、モトローラにオリジナルの携帯端末を作らせて販売するのではないかという臆測が流れ、韓国のIT株は急落した。そうなれば最も打撃が大きいのは、アンドロイド搭載端末で世界最大のシェアを持つサムスンだ。

 しかもサムスンの4事業のうち、半導体と液晶パネルは世界的不況のあおりで減収減益。テレビも売り上げが落ち込んでおり、好調なのは携帯端末を含む通信事業だけ。今年5〜7月期に全社の営業利益の45%の1兆6700億ウォンを稼ぎ出した。

 朝鮮日報によると、韓国のIT業界は携帯電話からスマートフォンへの移行期に、世界の頂点からあっという間に没落したフィンランドの通信大手ノキアと自分たちを重ね合わせているという。韓国各紙も「韓国がソフトウエアに弱い理由」などの見出しを掲げて、違法コピー文化や企業系列などを指摘する。

 サムスンにできるのは、モトローラを凌駕するハードを作り続けてアンドロイドの提供を受け続けること。そして自前の優れたソフトウエアを開発することだ。9月2日にはちょうど、自社開発の携帯端末向けOS「bada(バダ)」を搭載したスマートフォン「Wave3」を発表する予定だ。

 バダは、アップルとグーグルが攻勢を強める携帯ビジネスでサムスンが生き残れるかどうかの試金石になるだろう。

[2011年8月31日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席

ビジネス

欧州委、仏伊など7カ国の財政規律違反を指摘 11月
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中