最新記事

中国

ユダヤ教の聖典はビジネス虎の巻?

金銭的成功の秘訣を追い求めてユダヤ教に注目するハウツー本がビジネスマンの間で大人気

2011年2月9日(水)13時47分
アイザック・ストーン・フィッシュ(北京)

 中国人にユダヤ教を信仰していると話せば、たちまちこんな反応が返ってくる。「とても頭がよくて、ビジネスにたけているんですね」

 中国人のユダヤ人観は、グーグルの国別検索キーワードランキング「グーグル・ツァイトガイスト」中国編でも明らかだ。09年版では、「なぜユダヤ人は優秀か」という質問が「なぜ」部門の4位に。「なぜ共産党に入党するべきか」に続く順位で、「なぜ結婚するべきか」を上回った(10年版のツァイトガイスト中国編には「なぜ」部門の設定はなかった)。

 おかげで、中国出版界では数年前から意外なブームが起きている。ユダヤ教を金銭的成功の源とみる「世論」に便乗して、ユダヤ教の聖典タルムードにあるビジネスの奥義を説く、という書籍が続々と出版されているのだ。

 書店の棚には、『タルムード解読──101のユダヤのビジネスの法則』や『図解付きユダヤの知恵の書』と題する書籍がずらり。ビジネス教育に対する関心が高まり、自己啓発書の売り上げも伸びるなか、ビジネス書としてタルムードを読み解く本は今や氾濫状態だ。

『タルムード解読』の著者の韓氷(ハン・ビン)は、ある大手出版社が刊行したタルムード関連のシリーズによって、移民や孤立化など「古代ユダヤ人と現代の中国人が直面する問題には共通点が多い」と気付いたと言う。

 この手のビジネス書の販売部数の統計は入手できないものの、ユダヤ研究センター(上海)の王健(ワン・チェン)副所長によれば「ものすごい人気を誇る話題の分野」だ。タルムードは「ビジネスと蓄財のためのガイドブックになっている」という。

 ユダヤ人を「金儲けの達人」と捉える中国人の見方は、強欲といった紋切り型のユダヤ人像を生み出した欧米の宗教的な敵対心とは無縁だ。

 こうした見方が芽生えたのは中国に投資家が集い始めた19世紀半ばとみられる。上海で活躍したサイラス・ハルドゥーンをはじめ、不動産王で鳴らした外国人の多くはユダヤ人だった。ユダヤ系一族出身で発電所経営やホテル業で財を成したマイケル・カドゥーリは、今や中国語圏で最もリッチな非中国人。総資産は推定50億ドルに上る。

 ユダヤ教への称賛の念は、ビジネスの枠を超えた歴史的な背景を持っている。毛沢東時代の中国で活動した欧米出身者十数人のうち約半数はユダヤ人。おかげで中国の知識層はユダヤ文化に関心を抱くようになったと、南京大学の徐新(シュイ・シン)教授(ユダヤ学)は指摘する。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

海運業界が緊急フーシ派対策を要請、紅海沈没2隻目で

ワールド

ロ朝条約、侵略受ければ「遅延なく全ての軍事支援」明

ビジネス

フェラーリ初のEV、価格は50万ドル超か=関係筋

ビジネス

ビットコインETF、豪主要取引所ASXで取引開始
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中