最新記事

中国

ユダヤ教の聖典はビジネス虎の巻?

金銭的成功の秘訣を追い求めてユダヤ教に注目するハウツー本がビジネスマンの間で大人気

2011年2月9日(水)13時47分
アイザック・ストーン・フィッシュ(北京)

 中国人にユダヤ教を信仰していると話せば、たちまちこんな反応が返ってくる。「とても頭がよくて、ビジネスにたけているんですね」

 中国人のユダヤ人観は、グーグルの国別検索キーワードランキング「グーグル・ツァイトガイスト」中国編でも明らかだ。09年版では、「なぜユダヤ人は優秀か」という質問が「なぜ」部門の4位に。「なぜ共産党に入党するべきか」に続く順位で、「なぜ結婚するべきか」を上回った(10年版のツァイトガイスト中国編には「なぜ」部門の設定はなかった)。

 おかげで、中国出版界では数年前から意外なブームが起きている。ユダヤ教を金銭的成功の源とみる「世論」に便乗して、ユダヤ教の聖典タルムードにあるビジネスの奥義を説く、という書籍が続々と出版されているのだ。

 書店の棚には、『タルムード解読──101のユダヤのビジネスの法則』や『図解付きユダヤの知恵の書』と題する書籍がずらり。ビジネス教育に対する関心が高まり、自己啓発書の売り上げも伸びるなか、ビジネス書としてタルムードを読み解く本は今や氾濫状態だ。

『タルムード解読』の著者の韓氷(ハン・ビン)は、ある大手出版社が刊行したタルムード関連のシリーズによって、移民や孤立化など「古代ユダヤ人と現代の中国人が直面する問題には共通点が多い」と気付いたと言う。

 この手のビジネス書の販売部数の統計は入手できないものの、ユダヤ研究センター(上海)の王健(ワン・チェン)副所長によれば「ものすごい人気を誇る話題の分野」だ。タルムードは「ビジネスと蓄財のためのガイドブックになっている」という。

 ユダヤ人を「金儲けの達人」と捉える中国人の見方は、強欲といった紋切り型のユダヤ人像を生み出した欧米の宗教的な敵対心とは無縁だ。

 こうした見方が芽生えたのは中国に投資家が集い始めた19世紀半ばとみられる。上海で活躍したサイラス・ハルドゥーンをはじめ、不動産王で鳴らした外国人の多くはユダヤ人だった。ユダヤ系一族出身で発電所経営やホテル業で財を成したマイケル・カドゥーリは、今や中国語圏で最もリッチな非中国人。総資産は推定50億ドルに上る。

 ユダヤ教への称賛の念は、ビジネスの枠を超えた歴史的な背景を持っている。毛沢東時代の中国で活動した欧米出身者十数人のうち約半数はユダヤ人。おかげで中国の知識層はユダヤ文化に関心を抱くようになったと、南京大学の徐新(シュイ・シン)教授(ユダヤ学)は指摘する。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、共和党全国大会の開催地変更も 社会的距

ワールド

豪首相、コロナ景気対策「いずれ脱却する必要」

ビジネス

欧州、銀行保全で連携する必要 EU復興基金利用も=

ワールド

スペイン、外国人観光客受け入れ再開へ 7月から隔離

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 5

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月