最新記事

電子ブック

キンドルで売れまくる「電子エロ本」の落とし穴

電子書籍端末で読める格安ポルノ小説がアマゾンの評判を貶めかねない

2010年10月5日(火)17時56分
ジェームズ・レドベター

隠れたベストセラー キンドルで最多のダウンロード数を誇る『ショッキングな体位』はセックスを取り入れたヨガにはまる男の物語

 アマゾン・ドットコムの電子書籍端末「キンドル」で最も多くダウンロードされているコンテンツは、ジェナ・ベイリー・バークの小説『ショッキングな体位』。ストーリーはこんな感じだ。

 主人公のデービッド・ストロングは多彩な男で、国際的なフィットネス企業を経営し、株式投資を成功させ、女性とも後腐れなく付き合っている。そんなとき、ソフィー・デルフィノと出会い、刺激的なセックスを組み入れたトレーニングを体験。ストロングは、デルフィノが主宰するカップル向けヨガ教室で、古代インドの性愛の教典「カーマ・スートラ」の体位をデモンストレーションする羽目になる。しかも、デルフィノはストロングがどこまで自制できるか極限まで試そうとする。

 小説にはこんな文章も添えられている。「警告──カーマスートラは淡白な人や気弱な人向けではありません。この小説も同様です」

無料配布で3万5000人がダウンロード

 ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストにこの作品がランクインすることはないのに、なぜキンドルで1位になれたのか。理由は価格だ。アマゾン・ドットコムでペーパーバックを購入すると、10ドル20セントと配送費がかかる。キンドルなら無料で読めるうえに、配送の時間もかからない。

『ショッキングな体位』を出版したサムハイン・ブックスのクリスティナ・ブラシャー社長によると、同社では通常、シリーズものの第1巻を2週間、無料で配布する。読者の一部が2巻目以降を有料で購入してくれると見込んでいるからだ。8月に無料配布した『青いジーンズの女神』の実績から判断すれば、『ショッキングな体位』は無料配布期間に3万5000人ほどがダウンロードしたとみられる。

 出版業界も含む世間に『ショッキングな体位』がポルノ小説扱いされることはないだろう。あからさまな性描写は女性向けのロマンス小説には昔から付き物。深い愛の物語の一部としてであれば、読者も歓迎してきた。つまり、『ショッキングな体位』の成功は、昔ながらのジャンルに最新テクノロジーの後押しが加わっただけのものともいえる。

 とはいえ、キンドルのラインナップを見ていると、男性をターゲットにしたアダルト小説が多いことに気付く。例えば『オフィスの奴隷』という作品では、会社のカネを着服した魅力的な女性CFO(最高財務責任者)が、刑務所送りになる代わりに会社の性奴隷になれという上司の要求を聞き入れる。

 上司は彼女にオフィスでスケスケの服や裸同然の格好を強いたり、セックスの様子をビデオ撮影したり、言いつけを守らない彼女を叩くよう男性社員に指示したりする。そして、工場の作業員(生産性向上の報酬として)や見込み顧客(新契約を確実に取るため)、オフィスにランチを配達する10代の少年などあらゆる男とセックスさせる。しかも、どれほど肉体的に虐待されても精神的に辱められても、彼女はその状態を楽しんでいる。

 この手の話に心引かれる女性読者は少ないだろうが、そんなことは問題ではない。アマゾンがターゲットにしているのは男性。キンドルでの特売価格(『オフィスの奴隷』を含む多くの作品が無料だ)のおかげで、「ベストセラー」の仲間入りも夢ではない。

アダルトコンテンツは成長の起爆剤

 でも、これってポルノじゃないの? この本を読んでいることを母親に話せるなら問題ない。

 ポルノかどうかを判断するもう一つの指標は映像だ。性描写を含む小説であっても、ポルノ的でない写真や映像に置き換えられるものは数多くある。だが、18世紀のフランス人作家マルキ・ド・サドの『ソドム百二十日』や今回の『オフィスの奴隷』を忠実に映像化すれば、純粋なポルノシーンは避けられない。しかも、キンドルでは近親相姦やレイプ、獣姦をテーマにした小説も5ドル以下で買える。これはポルノだと誰もが同意するのは、時間の問題だ。

 ポルノと電子書籍端末の組み合わせは、まだ新しい。デジタル版のエロ本の多くは、過去1年半の間にキンドルのラインナップに加わったばかりだ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 5

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 6

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 7

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 8

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 9

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月