最新記事

町家の建築文化と現代の融合

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

町家の建築文化と現代の融合

ジェフリー・ムーサス(建築家、「Design 1st」代表)

2010年5月21日(金)12時08分
佐野尚史

伝統と革新 ムーサス(手前)が改築を手がけた京都市内の武具店「東山堂」 CHRISTIAN ORTON

「見せたいものがあるのでついてきてください」

 ジェフリー・ムーサスが記者を案内するのは京都市山科区の住宅改築現場。数奇屋風の広い邸宅内を彼について行くと、家の隅に忘れ去られたような古い蔵が現れた。「見事な蔵でしょう? これも生かす改築をしていくんです」

 今では入手困難な良質の木材を使う築90年の家は、最初は取り壊される予定だった。だがムーサスの説得によって、改築することになった。「良い物を残しつつ、歴史ある建物を現代の生活に合わせることはできる」と彼は言う。

 こう考えるようになったきっかけは、京都の町家を3年かけて修復した経験だ。マサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院を卒業したムーサスは、日本の建築家、槇文彦と谷口吉生の下で働いた後、伝統建築を多く手がける京都の中村外二工務店へ。同時に、知人に紹介された築90年の町家を自分の手で直して住むことにした。

 11年間空き家だったため荒れ果てていたものの、彼にとってその町家は格好の「教材」になった。「大工の技、素材へのこだわり、自然を身近に感じさせる坪庭、建具が可能にする空間のフレキシビリティー----町家には日本の歴史や美意識、先人の息遣いが詰まっている」とムーサスは語る。

 01年に設立した「Design 1st」の事務所としても使うこの町家からは、歴史がかもす美しさや品が感じられる。一方で、寒々い土間の台所に床暖房をつけるなど、生活上の利便性も確保した。

 最近の施工例では、より大胆に伝統と現代性を融合させている。京都市内の町家建築の武具店「東山堂」を改築したときは、入り口付近の天井と壁を取り払い、吹き抜けの空間とショーウインドーを創出。内部には鉄を多用しているが、梁の延長に見せるなどの工夫で違和感を消している。「現代の材料を組み合わせることはコストパフォーマンスがいいだけではない」と、ムーサスは言う。「昔の職人にはできなかった付加価値も出せる」

 いま新たに挑んでいるのが、大型マンションの設計だ。08年に出版した書著『「縁側」の思想』を読んだ建設会社の社員から、設計チームに加わらないかと声をかけられた。既定の基礎構造の中に間取りをデザインするのが彼の役割だ。「今回の仕事は限定的だが、いつか町家が培ってきたような建築文化を日本のマンションに取り入れたい」と、ムーサスは言う。

 現代建築と日本の伝統建築を知り尽くした彼のアイデアから、画一的な間取りに代わる新たなスタンダードが生まれるかもしれない。

[2008年10月15日号掲載]

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    「壁」なんてくだらないと、トランプ支持者が怒りは…

  • 8

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 10

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月