最新記事

スワーダ・アル・ムダファーラ(教育者)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

スワーダ・アル・ムダファーラ(教育者)

オマーン人が慕う名物校長

2009年4月8日(水)18時10分
井口景子

 アラブ諸国では女性は家庭に閉じ込められ、虐げられている──アラビア半島南東端のオマーンで学校を経営するスワーダ・アル・ムダファーラ(旧日本名・森田美保子)を見れば、そんな誤ったステレオタイプは吹き飛ぶはずだ。

 スワーダは90年、幼稚園児から高校生まで500人が学ぶアザン・ビン・ケイス私立学校(ABQ)を首都マスカットに設立。不可能を可能にする行動力と情熱的な語り口で、人口260万人のオマーンでは誰もが知る名物校長だ。

 急速な近代化に合わせて学校制度を整えたため、暗記中心にならざるをえなかったオマーンの教育界に、彼女は独自の方針で新風を吹き込む。たとえば、アラビア語と英語のバイリンガル教育。ABQの生徒はAレベルという国際的な大学入学資格を受験し、大半が外国の大学に進学。コンピュータや会計の国際資格にも挑戦する。

 教育省の学力評価では、全国でトップ3にランクイン。当初はスワーダの方針を認めなかった教育省も、今ではバイリンガル教育や国際資格の取得を推奨している。

 もっとも、300ある私立校のなかでABQが抜群の人気を誇るのは、高い学力のためだけではない。毎朝、500人の生徒全員と握手し、声をかけるスワーダに子供たちは絶大な信頼を寄せる。校長室には、常に生徒が出入りして相談をもちかける。
 「子供の心に徹底的に寄り添うのが私の役割。わかってもらえると感じれば、どんな子も無限に伸びる」。実際、ABQではダウン症や自閉症の子も積極的に受け入れ、なかには大学に進むケースもある。

12億円の新校舎も完成

 東京で生まれ育ち、カルチャーセンターを主宰していた20代のシングルマザーが、初めてオマーンを訪れたのは79年。日本文化を紹介する使節団に参加し、その後も現地の婦人会に招かれて渡航を重ねる。やがて、オマーン人男性と再婚。イスラム教に改宗し、戸籍名もオマーン式に改めて、メードつきの裕福な生活が始まった。

 だが「幸せすぎてばかになりそう」な日々を送るうち、もち前のチャレンジ精神が頭をもたげる。日本で良質の教育を受けた自分にできるのは教育だ。障害児を支援するボランティアに取り組んだ時期もあったが、善意だけでは活動は続かないと痛感し、学校づくりへの思いがますます強まった。

 もちろん外国人が学校をつくるなど前代未聞。それでもギフトショップを開いて資金づくりに励み、小学校に入ってアラビア語を勉強しながら10年越しの夢を温めた。ようやく開校許可を得たABQも、初年度に集まったのは幼稚園児5人のみ。それが今は、12億円の新校舎を建てるまでに成長した。

 数年前に4度目の結婚をしたスワーダは、女性のロールモデルとしても知られる存在だ。人生相談に来る女性には、離婚女性を手厚く保護する法律について説明し、再出発を後押しする。「できることから一歩ずつ始めれば、開かない扉はない。チャレンジし続けることが、魅力的な人間でいる秘訣」

 そして今も、次のチャレンジに向けて準備を進めている。不登校児が通いたくなるような学校を日本につくるという夢だ。スワーダの行動力と情熱があれば、きっとユニークな学校が生まれるだろう。

[2006年10月18日号掲載]

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月