コラム

トランプが負けたら陰謀論者「Qアノン」が全米で蜂起するかも(パックン)

2020年10月10日(土)13時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプが負けたら陰謀論者「Qアノン」が全米で蜂起するかも(パックン)

When Conspiracy Reigns / (c) 2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<悪い高官たち「ディープステート」が国家を牛耳っているという陰謀論は、それと戦うトランプをヒーローとして崇める政治運動「Qアノン」へと発展>

2016年12月。自動小銃、拳銃、ナイフなどを持った男が首都ワシントンのピザ屋「コメット・ピンポン」に押し入った。彼は「ヒラリー・クリントン率いる闇組織がピザ屋を本拠に児童の性的人身売買を行っている」と信じていた。その活動を止めに入ったのだ。当然、普通のピザ屋さんだったわけだが、男はそれでも発砲。幸いけが人はいなかったが、壁、ドアやパソコンは重傷を負ったようだ。

この陰謀説や関連事件(そのピザ屋への放火もあった!)はまとめて「ピザゲート」と呼ばれる。2016年から広まり始め、大物ハリウッドセレブ、政府高官、政治家など大勢の権力者が児童の人身売買のほか、悪魔崇拝や人食いなどもやっていると主張する、大規模で超複雑な陰謀説に成長した。

陰謀説にはヒーローもいる。それがドナルド・トランプ大統領! 彼は悪い高官たちのディープステート(国家内国家)と戦い、その成敗を図っている。ほっと一安心!

陰謀説の普及を助長したのは、ハンドルネーム「Q」という人物。2017年10月からトランプと闇組織の戦いの内幕を「Qドロップ」と呼ばれる書き込みでネット掲示板に投稿し続けている。今や数十万人以上のフォロワーがいて、Qはanonymous(匿名)であることからこの運動はQ Anon(Qアノン)と呼ばれる。

面倒くさいことに、ドロップは暗号になっており、意味不明な文も多い。固有名詞は大体イニシャルだ。HRC=ヒラリー・ロダム・クリントン、TKG=卵かけご飯、など。Qの身分も謎だ。本人は国家機密を扱う最高認可のレベル「Q」を持っている政府上層部の関係者だと言う。その証拠として「間もなく大勢逮捕!」とか、「裏情報」を使い予言する。だが......。よく外れる。

でも暗号は便利なことに、そんなとき、Qが間違っているのではなく、解読が間違っていると解釈できる! つまり、陰謀説は無敵だ。そして、陰謀論者はその妄想をもって現実世界で投票する。怖いのは、ヒーローのトランプが負けた場合。それもディープステートの仕業だと思うだろう。そして選挙結果を受け入れないQアノンの信者が武装し街に出たら、アメリカ全土がコメット・ピンポン状態になるかも。

【ポイント】
I BELIEVE THE WORLD IS RUN BY A CABAL OF SATANIC PEDOPHILES
悪魔崇拝の小児性愛者の集団によって世界は支配されている、とオレは信じる

...AND I VOTE!
そしてそんなオレには投票権がある!

<本誌2020年10月13日号掲載>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

ワールド

アストラ製ワクチン、英独で対応分かれる 接種進展の

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中