コラム

トランプは国家非常事態という「妖精」を信じている?(パックン)

2019年03月08日(金)19時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプは国家非常事態という「妖精」を信じている?(パックン)

Trump's Fairy Tale / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<メキシコ国境との壁の建設予算を確保できるように国家非常事態を宣言したトランプ――でも当の本人でさえ現状が「非常事態」とは信じていない>

アメリカで民主党の政策はよく共和党に「絵に描いた餅」と揶揄される。国民皆保険? グリーン・ニューディール? どれも現実味のない、童話レベルの空想だ! そんな批判によく使われる文言は「サンタクロースやトゥースフェアリー(歯の妖精)でも信じるのか?」だが、その架空人物のラインアップに新しい妖精が加わりそう。

メキシコとの国境に壁を建てると公約して当選したドナルド・トランプ米大統領。「素晴らしい交渉人」と自称し、与党が上下両院を支配していたのに2年間その予算を確保できなかった。中間選挙で野党・民主党が下院の支配権を勝ち取ると、交渉はさらに難航した。そこで2月15日に、大統領の権限で勝手に予算を充てられるように国家非常事態を宣言した。

しかし、非常事態の実態はない。トランプは「すさまじい人数」の不法入国者がアメリカを「侵略」しているとし、「大量の麻薬密輸」を防ぐため、壁が今すぐ必要だと主張する。だが、南側国境からの不法入国者数は1971年以来の低水準。ピーク時の2000年には160万人以上だった人数は17年に30万人近くまで減った。不法入国よりも、合法的に入国してから不法残留する人が圧倒的に多い。ちなみに、観光ビザで入国してから不法に仕事をするケースも多いが、AP通信によるとメラニア・トランプもそんな1人だった。ご参考までに。

同じく、アメリカに入ってくる麻薬のほぼ全ては通関港を通る。当然だ。徒歩で砂漠を渡り入国してくる人のリュックなどに麻薬が入っているかもしれないが、乗用車、トラック、電車、船などで運ばれる量のほうが多いに決まっている。国境を越える人より、常識を超える主張が怖い。

非常事態を疑うのは僕だけではない。「もっと時間をかけて壁を造ることも可能」「やる必要はない」との声もある。というか、言ったのはトランプ本人。それも非常事態を宣言したときに! しかもその翌日にはゴルフ! 本人も「国家非常事態妖精(National Emergency Fairy)」を信じていないようだ。

ところで去年のクリスマスイブに、トランプは小学校2年生の女の子に「サンタのことをまだ信じてるの?」「7歳だと、ぎりぎりでしょ?」と聞いた。それでも少女にはサンタを信じていてほしいが、僕はもうこんな大統領を信じられない

【ポイント】
MEDICARE FOR ALL?... GREEN NEW DEAL?... DEMOCRATS PROBABLY STILL BELIEVE IN SANTA AND THE EASTER BUNNY!

メディケア(高齢者医療保険制度)の皆保険? グリーン・ニューディール(自然エネルギーや温暖化対策に公共投資する政策)? 民主党はまだサンタやイースターバニーを信じているんだろうな!

<本誌2019年03年12月号掲載>

※3月12日号(3月5日発売)は「韓国ファクトチェック」特集。文政権は反日で支持率を上げている/韓国は日本経済に依存している/韓国軍は弱い/リベラル政権が終われば反日も終わる/韓国人は日本が嫌い......。日韓関係悪化に伴い議論が噴出しているが、日本人の韓国認識は実は間違いだらけ。事態の打開には、データに基づいた「ファクトチェック」がまずは必要だ――。木村 幹・神戸大学大学院国際協力研究科教授が寄稿。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

豪AMP、特別配当と自社株買いで株主還元へ 部門株

ワールド

豪失業率、7月は22年ぶり高水準 就業者数は増加

ビジネス

NZでコロナ感染急増・封鎖長期化なら追加刺激策検討

ビジネス

米ディズニーワールドのウイルス対策、会社側が労組要

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!