コラム

中国ではSF大作の成功も共産党のお陰

2019年03月01日(金)18時50分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
中国ではSF大作の成功も共産党のお陰

"Wandering" Chinese Movies / (c) 2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<「党国一体化」の中国において、全ての成功は党の指導の成功となる>

今年の旧正月は80後(80年代生まれ)映画監督・郭帆(グオ・ファン)にとって一生忘れられないだろう。彼が監督したSF映画『流浪地球(さまよう地球)』は、興行成績が40億元(660 億円)を突破。その人気ぶりから、56億元(924億円)で現在トップの愛国映画『戦狼2』を超え、中国史上最高になる可能性がある。

『流浪地球』は中国の代表的なSF作家・劉慈欣(リウ・ツーシン)の同名小説を改編した中国初の本格国産SF映画。主役の中国人宇宙飛行士が世界各国の人々と団結して、太陽の消滅に直面した人類の危機を乗り越えるという物語だ。

なるほど、中国人も地球を救う主役になれるのだ! アメリカのSF映画でアメリカ人が人類を救うシーンに慣れた中国人は、この映画に感動して民族の誇りに胸を高鳴らせた。映画の中では、共産党政府の代わりに地球連合政府ができたが、これも人類運命共同体という理念を持つ自由派の中国文化人から一定の好感を得た。今の中国は「愛国して愛党せず(只愛国,不愛党)」という価値観を持つ人が多く、『流浪地球』はこの価値観とよく合う。

その一方、同じ時期にベルリン国際映画祭長編コンペ部門にノミネートされた中国第5世代を代表する監督・張芸謀(チャン・イーモウ)の新作『一秒鐘』が、「技術的な理由」で映画祭から撤退させられた。文化大革命時代を舞台にしたためにタブーに触れたという推測もあったが、「中国人を醜く描く映画なんて、撤退させられて当たり前。中国の恥をさらすな!」と、中国の若者はこの映画に冷たかった。大国の勃興、民族の復興、そして欧米さえも中国の顔色をうかがうという「中国夢」に没頭する世代にとって文革の傷痕は既に遠い過去で、どうでもいいのだ。

「愛国して愛党せず」という考えは悪くないけど、現実には難しい。人民日報や新華社は『流浪地球』を「中国初のSF大作」「ハリウッド並み」と絶賛した。「党国一体化」の中国において、全ての成功は党の指導の成功なのだ。

文革は遠く去ったという考えも甘過ぎる。「天安門に毛沢東像がある限り、中国人は変わらない」と、ロック歌手・崔健(ツイ・チエン)はかつて喝破した。そのとおりだと思う。

【ポイント】
中国人救地球/能救救我的电影吗?

それぞれ「中国人は地球を救う」「僕の映画を救ってくれない?」

劉慈欣
68年生まれのSF作家。95年、異星人による地球侵略にまつわる壮大なドラマを描いたSF小説『三体』でヒューゴー賞を受賞した。今も発電所のエンジニアを続けながら執筆している。

※3月5日号(2月26日発売)は「徹底解剖 アマゾン・エフェクト」特集。アマゾン・エフェクト(アマゾン効果)とは、アマゾンが引き起こす市場の混乱と変革のこと。今も広がり続けるその脅威を撤退解剖する。ベゾス経営とは何か。次の「犠牲者」はどこか。この怪物企業の規制は現実的なのか。「サバイバー」企業はどんな戦略を取っているのか。最強企業を分析し、最強企業に学ぶ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<唐辛子、タン・シンツ>
作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!