コラム

同時多発テロ後のパリに持ち込まれた「自粛」の空気

2016年02月03日(水)16時20分

satetsu160203-03.jpg

パリでは厳戒態勢の警備が続いている(先月末、筆者撮影)

 シャルリー・エブド事件が起きた半年後、通信傍受や盗聴を国家権限で強化する情報収集強化法が制定され、11月のテロ後には国家非常事態法が改正され、令状なしでの家宅捜索が可能となる範囲が広がった。テロ直後にパリでCOP21(国際気候変動会議)が開かれたが、各国首脳が集うこの会議に合わせて行なわれた市民たちの抗議活動は、非常事態宣言を受けての報道規制により、報じられることはなかったという。同月の地方選では、反移民政策を掲げる右翼政党・国民戦線が29%の得票率を得て、半数近くの選挙区で1位に躍り出た。

 これらの断片的な情報から、さぞかし閉塞的な空気、少なくともテロについて言及することに慎重になっているのだろうと想像された。

 講演の内容としては『紋切型社会』の内容を主題としつつ、日本の政治家が限られた言葉で物事を推し進めようとする動きを強めており、それを受け止めるメディアも素直に横並びで伝える傾向にあることを話した。こういった紋切型の言葉を使うのは日本の政治家だけではなく、皆さんの国の政治家も同じかもしれないけれど......と付け加えると、会場から笑いが起きる。フランスについての話題を俎上に載せる度に視線がグッと厳しくなる。

 質疑応答の時間に移ると、ひょいっと手が挙がる。「日本では原発事故があって、こちらではテロがあった。日本の報道は自由を守れているだろうか」との問いだった。「自由が守られているとか、自由が奪われている、というよりも、忖度してこれはやめておこうと自粛している感覚がありますね」と答えると、通訳の男性がおそらく「忖度」と「自粛」のニュアンスをどう正確に伝えようか、思いあぐねている様子が伝わってくる。

【参考記事:「政治的中立性」という言葉にビビりすぎている】

 締めの挨拶で、館長が「今日、武田さんが話したことは現在のフランスにも言えることかもしれませんね」といった類いのことを添えると再び会場が沸く。終わった後、現地に長年住んでいる日本人の知人と話すと、「もっとオランドの悪口とか言えば良かったのに。そこらじゅうのカフェじゃ、みんなオランドをめぐって激論かわしているよ」と言われた。

 彼らからしてみれば、外の国から自分たちがどのように見えているかを聞きたがっていたのに、こちらは「報道規制されているらしい」「右派政党が躍進している。愛国心が高まっているに違いない」との浅い読みで、日本が置かれている状況に終始して、日本のメディアは忖度ばかりしていると伝えたわけだが、そんなことを言っているオマエこそ、今のフランスでは言葉を選んで伝えなければと「忖度」を重ねていたことになる。「日本の保守勢力が今......」という話をフランスで話すのは、実に「保守的」だ。

 渡仏するだけで「狙われるんじゃないの?」と言われたことにそれなりにビビり、ちゃっかり気を遣った、あちら側に踏み込まない自国の見識だけを並べた「安全パイ」な選択を恥じることになった。「自粛」の空気を感じるのだろうと出かけていったら、むしろ自分が「自粛」の空気を持ち込んだ結果になってしまったのである。

プロフィール

武田砂鉄

<Twitter:@takedasatetsu>
1982年生まれ。ライター。大学卒業後、出版社の書籍編集を経てフリーに。「cakes」「CINRA.NET」「SPA!」等多数の媒体で連載を持つ。その他、雑誌・ウェブ媒体への寄稿も多数。著書『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。新著に『芸能人寛容論:テレビの中のわだかまり』(青弓社刊)。(公式サイト:http://www.t-satetsu.com/

ニュース速報

ビジネス

ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

ビジネス

FRB当局者、予想より速い支援策縮小を示唆 見解は

ビジネス

ファイザー、米従業員らにワクチン接種か定期検査義務

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、FRB当局者発言を材料視

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中