コラム

ニューヨーク・タイムズに告ぐ、もう候補者推薦を止めよ

2020年01月29日(水)12時15分
ニューヨーク・タイムズに告ぐ、もう候補者推薦を止めよ

ニューヨーク・タイムズは女性候補2人への支持を表明したが…… IVAN ALVARADOーREUTERS

<読者のために良かれと思い160年も続けている習慣だがトランプ時代にはそぐわない>

新聞は建前上、現実の公正な媒介者であり、読者が客観的な情報を得られるように特定の価値判断や意見の偏りを排除した報道を行うことになっている。

だがニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は1月19日、160年前から続く慣例にのっとり旗色を鮮明にした。米大統領選の民主党候補として、エリザベス・ウォーレン、エイミー・クロブシャー両上院議員を支持すると表明したのだ。

これでも新聞は公平な媒介者なのか。特定候補への支持を明言しておきながら、日頃のニュース報道は客観的だと、どうして言えるのか。

代表的な新聞側の自己弁護は、社説などの論説部門とニュース部門は完全に分離されているというものだ。公共政策を報道する場合には、(ニュース部門の客観的な事実報道をゆがめない範囲で)実際には何が望ましいかを提言または議論する論説部門が必要だと、彼らは口をそろえる。新聞にはまた、読者が複雑な世界を理解し、自分の意見を持つ手助けをするという役割もある。特定候補の推薦も、この役割の一部だ。

だが、反エリート主義のポピュリズムが優勢な今の時代には、権威あるメディアの推薦は逆効果になりかねない。16年大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントンは歴史上、新聞やニュース雑誌から最も支持された候補者だった。高級紙や雑誌の実に97%から支持を集めていた。NYTは民主党の「選挙マシン」かだが、大統領選では勝てなかった。

それどころか、新聞の推薦はヒラリーの足を引っ張ったとも言われている。マスメディアは反トランプの陰謀に加担しているという主張に根拠を与え、メディアの批判に対するトランプの防御力を強化する結果になったからだ。

この傾向はトランプの大統領就任後、さらに強まっている。ナイト財団の中立的な研究によると、共和党支持者の90%はメディアを信用していない。メディアは「正しい」行動を促すために推薦状を出しているのに、皮肉な話だ。推薦状は今や、彼らが大統領と敵対関係にある証拠と見なされている。

これも皮肉な話だが、トランプが悪行の告発から逃げおおせる可能性が高いのも、一部には伝統的な新聞の推薦のせいでもある。新聞がトランプのさまざまなレベルの犯罪行為を客観的に報道しても、トランプ支持者からは偏向メディアの作り話として一蹴されてしまう。メディア側はよかれと思ってやっている。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!