コラム

ナチュラルで本物、これがゲイのセクシュアリティの世界

2018年07月11日(水)17時19分
ナチュラルで本物、これがゲイのセクシュアリティの世界

From Matt Lambert @dielamb

<男同士の裸の絡み合いが圧倒的に多いが、卑猥なだけではない。ピュアな感覚や心地良さが際立つ作品を生み出すのは、自身もゲイであるマット・ランバート、36歳の映像作家だ>

作品を数点見ただけで彼の世界に入ってしまった。同時に、懐かしさと嫉妬が込み上げてきた。私がニューヨークに住み始めた80年代後半から90年代、その頃のゲイ・ムーブメント・シーンを思い出したのだ。まだエイズが社会的にホットなイシューであり、LGBTという言葉が全く定着していなかった頃のことだ。

言い換えれば、ゲイたちに対する大きな差別がまだ残っていて、その存在自体がポリティカルであり、彼らのアイデンティティの証しであった。その生きざまはあまりにも格好良く、私はいつのまにか彼らに惹かれ、多くの時間を共にし、数多くの写真を撮っていた。

だが、一定のラインを超えては、彼らの世界に入れなかった。無論、理由はいろいろとあったが、最大の理由は、彼らの多くが本能的に持っていたセクシュアルな親密さの世界を完全には共有できなかったことだ。その素晴らしさを分かっていたとしても、またそれが精神的なものだったとしても、である。

書き出しが長くなってしまったが、今回取り上げるアーティストは、ゲイたちのそんなセクシュアリティを作品の題材にしているマット・ランバートである。

ロサンゼルスで生まれ育ち、現在はロンドンとベルリンの両都市をベースに、ヴォーグ誌、グッチなど、ファッション関係の仕事をメインとしている。ファインアートを学び、その後、映像作家として活動してきたが、自分の世界をより明白にするために写真活動も行い始めたという36歳のアメリカ人だ。

ランバートの作品の多くは、ひとつ間違えば、あるいは表面的に眺めれば、単にダーティーで卑猥なだけで終わってしまうかもしれない。裸の絡み合いが――大半は男同士の絡み合いだが――圧倒的に多いのだ。

Matt Lambertさん(@dielamb)がシェアした投稿 -

Matt Lambertさん(@dielamb)がシェアした投稿 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

ワールド

米国務省、感染広がる日韓への渡航警戒レベルを引き上

ワールド

新型ウイルス、日本への懸念の声なかった=G20で麻

ワールド

米国務省、感染広がる日韓への渡航警戒レベルを引き上

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

  • 5

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 6

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 7

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!