コラム

スーパーチューズデーで民主党は混戦から抜け出せるのか

2020年03月03日(火)16時10分
スーパーチューズデーで民主党は混戦から抜け出せるのか

中道派の票をバイデンに一本化しようという流れが進んでいるが…… Elizabeth Frantz-REUTERS

<中道派が候補を一本化できるか、そして最終的な候補者選定に向けて左派と中道派の分裂を回避できるか、民主党予備選は3日にいよいよ前半のヤマ場を迎える>

2月初旬のアイオワ党員集会から始まった、米民主党の大統領候補予備選レースは、基本的に4つのストーリーを中心に回ってきていました。1つ目は、サンダース候補に代表される左派と、これに対抗する中道派の対決というストーリー、2つ目は、乱立気味の中道派候補が果たして一本化できるかという問題、3つ目は、序盤の4州における予備選を「捨てて」スーパーチューズデーに賭け、そこに大量の資金を投下したブルームバーグの存在、4つ目はサンダース(78)、バイデン(77)、ブルームバーグ(78)、ウォーレン(70)という世代と、クロブチャー(59)、ブティジェッジ(38)という比較的若い層との世代間対決です。

このうち、4番目の世代間対決については、あっけなく結果が出てしまいました。2月29日のサウスカロライナ州予備選の結果が低迷したことを受けて、3月1日にブティジェッジが、そして2日にはクロブチャーがそれぞれ撤退を表明したのです。これで、今後の展開は70歳代の4人に絞られることになりました。

ブティジェッジは、アイオワで1位、ニューハンプシャーで2位と序盤戦では旋風を巻き起こしましたが、ネバダ、サウスカロライナでは全くの不振、特にサウスカロライナではアフリカ系から「典型的な北部の白人候補」とみなされて全く支持が得られませんでした。

そのため、アメリカ時間3月3日のスーパーチューズデーでは、カリフォルニア、テキサスといった代議員数の多い大規模州で3位以内に入る見込みが立たなくなっていました。こうした情勢を受けて、選挙資金を支えて来た支持層が急速に離反したようです。

姿を消した次世代リーダー候補の2人

クロブチャーの場合は、政治資金の状況はさらに深刻で、スーパーチューズデーへ向けて該当州の全てでの選挙戦が展開できずに苦しんでいました。いずれにしても、より若い世代のリーダー候補として、そして実現可能な政策を掲げた中道派として、期待されていた2人はこれで姿を消すことになりました。

この2人はすぐに、「バイデンへの支持」を表明しており、いずれも「早期に民主党が一本化してトランプに対抗すべき」としています。政策的には同じ中道候補ということで自然な流れに見えますが、例えばトランプ大統領などは「どうせ副大統領候補にするというバーター取引("quo pro quid")で撤退したんだろう」などと揶揄しています。

では、これからスーパーチューズデーを経て、7月の民主党大会まで予備選レースが続きますが、今後の展開はどういったストーリーで見ていったら良いのでしょうか? 基本的に残る3つ、つまり「党内左派と中道派の分裂」「ブルームバーグの資金力選挙」、そして「中道一本化の難しさ」というストーリーは当分の間は続きそうです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

東京都区部の消費者物価指数、5月は巣ごもり消費で予

ワールド

トランプ米大統領、SNS企業の保護弱める大統領令に

ビジネス

ブラジル中銀総裁、非伝統的政策オプションに消極姿勢

ビジネス

日産株が急反落、赤字決算発表受け売り優勢に

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!