コラム

トランプのロシア疑惑、捜査「終結」の意味

2019年03月26日(火)10時40分
トランプのロシア疑惑、捜査「終結」の意味

トランプはロシア疑惑の捜査に関して「勝利宣言」をしたが Carlos Barria-REUTERS

<ムラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査で、トランプ選対とロシアの共謀は認定されなかったが、トランプへの疑惑が完全に晴れたとは言い難い>

米時間3月24日(日)、ウィリアム・バー司法長官は、トランプ大統領とその周囲に関する「ロシア疑惑」について、ムラー特別検察官による捜査が終結したとして、その要点を議会へ向けた書簡として公表しました。

結論としては、2016年大統領選挙に関してロシアが干渉したという疑惑については、
▼トランプ選対とロシアとの「共謀(コルージョン)」は認定せず。
▼トランプ大統領が捜査への司法妨害を行った容疑については証拠不十分。
としています。

これを受けて、ホワイトハウスのサンダース報道官は「大統領の無実が完全に証明された」としていますが、実際のところはどうなのでしょう? 現時点で指摘できることを整理してみました。

(1)特別検察官がロシア疑惑の捜査結果として起訴を推奨したり、これを受けて議会下院が大統領への弾劾を発議するという可能性はほぼ消滅しました。

(2)また、これは今回のバー司法長官の書簡より、少し以前に発表されていた件ですが、このロシア疑惑捜査により、大統領の家族や側近について、新たな訴追はされない見込みです。ですから、一部で噂されていた、大統領の長男であるドン・ジュニア氏、娘婿のジャレッド・クシュナー氏などの訴追はないということです。

(3)議会民主党は、先回りするかのように、ペロシ下院議長などが「選挙で勝ってトランプ政権を終わらせよ」として「無理に弾劾裁判を行うことは求めない」としていました。今回の書簡は、これに符合する形です。

(4)その民主党内では、左派のオカシオコルテス下院議員などが「あくまで大統領弾劾」を主張していました。同議員は、今回の書簡を受けて「弾劾もアリだろうし、選挙で打ち負かすのもアリだろう。だが、トランプを除いても、怪しいカネやネットによる扇動、人種差別主義など共和党の抱える問題を除かなくてはダメだ」という意味深長なツイートをしています。彼女が、何が何でも即時弾劾という主張を引っ込めたということの影響は大きいでしょう。

(5)その結果として、民主党としては即時弾劾論がほぼ消滅し、2020年の大統領選へ向けて、候補者を絞り込む予備選に集中できる環境が整ったとも言えます。

(6)トランプ大統領の指名したバー司法長官は、ブッシュ(父)政権時にレーガン政権の「イラン・コントラ事件」の幕引きを図った人物として、一部に批判があります。疑惑の幕引きを図ったということでは前回と同様で、民主党はカンカンです。ですが、今回はムラー報告書について強権を発動したわけではない、つまり無理に却下したり、隠蔽したわけではないので、何とか生き延びるのではと思われます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!