コラム

誤解されてしまった、ダルビッシュの「謙虚さ」

2012年07月02日(月)11時33分

 メジャーリーグのオールスターが7月10日に迫る中、両リーグのメンバーが発表になりましたが、そこにレンジャースのダルビッシュ有投手の名前はありませんでした。取りあえず「最後の1人枠をかけた投票対象の5名」には入っているのですが、とにかく選出から外れたのは間違いありません。

 私は、これまでの堂々たる成績、地元ならびに全米での話題性ということから考えると、出場は当然だと思っていました。それこそ、1994年度の野茂英雄投手のように、球宴の先発に指名されても全く不自然ではないと思います。しかも、アメリカンリーグの監督は、レンジャースのワシントン監督その人であり、更に言えばピッチャーというのは監督指名で決まるのです。

 一体、何が起きているのでしょう?

 1つには、ここ数年の躍進でレンジャースの全国的人気が高まる中、ファン投票でレンジャースの選手が3名(ハミルトン、ベルトレ、ナポリ)も選ばれたということがあります。ファン投票の各1位の選手は、自動的に先発し、最低2回は打席を回すのが慣習です。一方で、ア・リーグには今年は14球団が所属していますから、各球団の選手に広くチャンスを分配しなくてはという問題もあるわけです。

 ですから球宴監督としてワシントン監督は、そんなに多勢の自軍選手を選ぶわけにはいかないのです。そうは言っても、実は投手を2名、左の若手先発のハリソンと、抑えのネイサンを「ちゃっかり」入れています。これは何故かというと、ハリソンは昨年ようやくローテーション定着したばかりの伸び盛りであり、球宴選出という名誉で更なる伸びが期待できると考えたのでしょう。

 また、ネイサンの場合は球界を代表するクローザーがキャリアの終盤に差しかかる中、そのプライドを受け止めて後半戦へのモチベーションを高めてもらおうという意図がありそうです。

 では、ダルビッシュ投手はどうしてダメだったのか?

 理由は簡単です。本人が遠慮したからです。報道によれば、球宴選出という問題について「ふさわしくないし身の程知らず」だと発言したそうで、この発言は英訳されてワシントン監督にも伝わり、監督は「彼は謙虚な男だ」と言ったというような報道もあります。

 これは、完全にアウトです。本人がここまで固辞している一方で、出たい人は沢山いるし、ただでさえ自軍選手は選べないし、という状況下で、正規の監督推薦枠で彼を指名するのは不可能だからです。

 ワシントン監督が、ダルビッシュ投手を「最後の1人枠のファン投票対象リスト」に入れたのは、「そんなに遠慮するなら、ファンの意向で出ざるを得ないようにしてやる」というよりも、固辞している人間を出させて、なおかつ周囲が不満を持たないようにするには他に方法はなかったのだと思うのです。

 表面的には「異文化コミュニケーション入門編」である、アメリカでは変な遠慮は誤解の元という話ですが、今回は監督さんには相当に気を遣わせてしまったようです。

 もっとも、ダルビッシュ投手がカルチャー・ギャップのために失敗したというよりも、問題は日本のメディアにあるように思います。日頃は「偉そうなキャラで売っている人間がボロを出したら徹底的に叩いてやる」という構えを見せつつ、今回の騒動では「球宴先発も当然」だと言わんばかりに先走ったわけです。

 そうなると、ダルビッシュ投手のように誇り高くクレバーな人は、少なくとも日本向けのキャラとしては「超低姿勢」で身を守るしかなくなるわけです。

 いずれにしても、ダルビッシュ投手自身はもう良く分かっていると思いますが、日本のメディアもワシントン監督を恨んではいけないと思います。アメリカでは「有言実行」「腹芸なし」で行かないとまとまる話もダメになるということです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

焦点:雇用と企業収益の指標に「水膨れ」疑惑、揺らぐ

ワールド

EUには英国の将来より重要な喫緊の課題ある=仏財務

ビジネス

米集合住宅空室率、第3四半期は4.8%に小幅上昇=

ワールド

在韓米軍次期司令官、米韓演習中止で即応性「わずかに

MAGAZINE

特集:エアライン大革命

2018-10・ 2号(9/26発売)

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

人気ランキング

  • 1

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 2

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 3

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチック粒子が

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 7

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 8

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 8

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 8

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!