コラム

「密告奨励法」で中国は暗黒時代に逆戻り

2017年04月25日(火)11時00分

≪中国語原文≫
4月10日,北京发布了《公民举报间谍行为线索奖励办法》的新规定,鼓励人们通过打电话,写信或者亲自上门等方式向国家安全局提供间谍线索,规定将奖励举报行为,最高奖金高达人民币50万元,并且承诺会保护举报人的个人信息和人身安全。

习近平上台以来,对异见人士的打压越来越严重,对外国人的管制也越来越严厉。从事传教,NGO组织或者关心人权活动的外国人被以间谍罪名秘密逮捕的事时有发生。现在,这个最新的奖励全民举报间谍的规定让人对由此可能引起的后果更加忧虑。政府将有更多借口,更大的权力来迫害异见人士和关心中国问题的外国人了。

在中国,最知名的民间巡逻和情报组织是"朝阳群众",中国政府动员了社区里闲暇时间充裕的人(尤其是老年人),给予他们一定的物质奖励,将他们组织成民间巡逻队,配合警方,对辖区内任何可疑的人和活动都保持警觉,积极报警提供线索。朝阳区是北京都内六区面积最大的一个区,该区拥有CBD(中心商务区)、外国驻北京的使馆区、三里屯等高档涉外的住宅区,地理位置优越。2013年,北京警方在一起有社会影响的罪案新闻稿中将举报者统称为"朝阳群众",神秘的"朝阳群众"渐渐引起舆论的注意。

一开始网民们谈及"朝阳群众"有些讽刺和负面的意味,认为这个词代表的是告密者。2015年开始,北京市公安局的官方微博开始有意识地使用"朝阳群众"一词,到2017年2月,名为"朝阳群众"的APP上线,北京公安局鼓励人们下载使用,智能手机用户可以利用这个APP随时向警方报告他看到的任何可疑事件。

从"朝阳群众"APP到《公民举报间谍行为线索奖励办法》的出台,这种全社会动员举报"坏人",抓"坏人"的运动,让人联想到共产主义时代的苏联、东德,和毛泽东时代的中国,政府鼓励人民互相告密,制造人人恐惧的气氛,整个社会关系失去了信任。如今这一切正在中国卷土重来。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ワールド

WTO、上級委が機能不全に 米が委員選任改めて拒否

ワールド

原油価格、来年第2四半期までに70ドル超えも=バン

ビジネス

ボルカー元FRB議長死去、92歳 インフレ抑制で功

ワールド

イラン、米と全ての捕虜交換の用意=ザリフ外相

>

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!