プレスリリース

京都・龍村美術織物のオリジナルチョコレート「GALA Chocolat」 公式オンラインショップ限定で4月17日より新価格にて販売

2024年04月18日(木)11時15分
株式会社 龍村美術織物(本社:京都府京都市右京区、代表取締役:龍村 育)は、好評につき完売となっておりました、公式オンラインショップ限定商品のオリジナルチョコレート「GALA Chocolat(ガラ ショコラ)」について、2024年4月17日(水)より新価格 5,400円(税込)にて販売を再開いたしました。
艶やかなデザインで縁起の良い意味合いの象徴的なシンボルが描かれた、8種類のフレーバーが楽しめる吉祥アソートをご用意しております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_1.jpg
人気のショコラが新価格に

2024年2月より販売開始以来、多くの反響並びにご好評の声をいただく中、完売となっておりました「GALA Chocolat」。
この度たくさんのご要望にお応えし、販売を再開させていただく事になりました。よりお求めやすい新価格での再登場となっておりますので、更に多くのお客様が「GALA Chocolat」をお楽しみいただければ幸いです。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_2.jpg
8種類の柄とフレーバー

■「GALA Chocolat(ガラ ショコラ)」とは
龍村美術織物がこれまで制作してきた、様々な物語(ストーリー)が込められた柄を描いたオリジナルチョコレートである「GALA Chocolat(ガラ ショコラ)」。「柄」と「GALA(ガラ=祝祭の意)」を掛け合わせた吉祥ショコラで、異なる8種類の味が楽しめるアソートになっております。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_3.jpg
祝祭の8柄が幸運を運ぶ

永遠の愛、幸運、良縁起など祝祭にふさわしい縁起の良い意味合いを、各柄の象徴的なシンボルと、8種類のフレーバーにて表現しております。チョコレートに描かれた艶やかなデザインをお楽しみいただくと共に、各フレーバー毎に上品な味わいをご堪能下さい。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_4.jpg
彩りが上質な雰囲気を演出

「GALA Chocolat」には、これまでにない唯一無二の華やかさ、そして縁起の良さが秘められています。幸せを願う気持ちや感謝の気持ちを表す一品として、大切な方へのプレゼントにもお勧めいたします。

【吉祥モチーフの8種のフレーバー】
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_5.jpg
《ダーク》
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_6.jpg
《ブルーベリーミント》
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_7.jpg
《フランボワーズ》
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_8.jpg
《ジャンドゥーヤ》
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_9.jpg
《ミルク》
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_10.jpg
《カフェオレ》
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_11.jpg
《ピスタチオ》
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/392250/LL_img_392250_12.jpg
《オレンジピール》
・商品販売概要
商品名 : 「GALA Chocolat」
価格 : 8個入り 5,400円(税込/送料別)
販売再開日 : 2024年4月17日(水)より
販売店舗 : 龍村美術織物公式オンラインショップのみ
(※クール宅急便による配送)
商品ページURL: https://shop.tatsumura.co.jp/products/galachocolat


■龍村美術織物について
龍村美術織物は、1894(明治27)年の創業以来、"独創と復元"というテーマを根底に、織物づくりに真摯に向き合ってきました。創業者である初代龍村平藏は、織物における芸術的完成を求め、古代裂(こだいぎれ)の復元研究に没頭し、様々な織物の知識、技法を学び蓄積することで得た「織の総合力」をもって、正倉院裂(しょうそういんぎれ)をはじめとする国宝や、名物裂(めいぶつぎれ)の復元を果たします。また、緻密さと大胆さを兼ね備えた新しい独創的な織物を、その知識と技術をベースに数多く創作していきます。
この織物づくりにおける"独創と復元"という考え方は今日に至るまで連綿と受け継がれ、艶やかな色合い、立体的な表現、美的エッセンスが凝縮された独特な紋様など、龍村美術織物らしい唯一無二の独創性をもった織物を、日々世に生み出し続けています。

社名 :株式会社 龍村美術織物
代表取締役:龍村 育
本社所在地:〒615-0022 京都市右京区西院平町25 ライフプラザ西大路四条2階
Tel :075-325-5580
従業員数 :62名
創業 :明治27年(1894年)
会社設立 :昭和53年(1978年)2月23日
資本金 :24,000,000円
事業内容 :美術織物の製造および販売、各種緞帳・懸装品の企画・デザイン、
製造および販売、和装雑貨などのインターネット販売


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中