プレスリリース

2023年度『Japan World Pageants』4次募集 2023年1月31日締め切り(※ミセスコンテスト)

2022年11月03日(木)14時00分
株式会社尚愛クリエイションは、2023年度『Japan World Pageants』4次募集(※ミセスコンテスト)のエントリーを2023年1月31日(火)まで受け付けております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/333337/LL_img_333337_1.png
Japan World Pageants

●開催概要
コンテスト名 : 2023年度Japan World Pageants
コンテストエントリー募集要項: https://mjig.jp/jwp2023-entry/
最終募集締切り : 2023年1月31日(火)まで

Japan World Pageantsは、マレーシアが主催国の世界的な大会「Mrs. International Global」とアメリカが主催国のボランティア精神の慈愛に満ちた大会「Transcontinental Pageants」に日本代表としてお送りする女性を選出するコンテストです。

どちらの大会も身長や見た目などの外面だけではなく、内面の美しさを尊重し、人間的に魅力的な女性を選出しております。
母や妻やOLという誰かの自分という事ではなく、1人の女性として輝き、挑戦し、前進していただきたいと願っております。
『Mrs. International Global』は、2018年世界中から各国代表を招き、2019年にはMissosology,StarMetro,TheSunの取材を受けて、全世界で報道されました。『Mrs. International Global』は、結婚経験のある女性の自主性と自己愛を育むことを目的にして、誕生しました。


●Japan National Director:三浦みやび
2018年世界大会初代グランプリ5冠優勝という名誉をいただきました。
翌年、2019年からは日本においてのナショナルディレクターに就任し、現在『Mrs. Japan International Global』と、『Transcontinental Pageants』を合わせた『Japan World Pageants』を主催しております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/333337/LL_img_333337_2.jpg
三浦みやび

『Mrs. Japan International Global』では、愛情があり、素直で謙虚で、思いやりがあり、そんなハートから滲み出るオーラが、周りにいる皆さんに伝わり、一緒にいるだけで心地良くなる、外面・内面の両面から☆真に美しい女性☆を目指してます。
外見的な事ではなく、他者を慈しみ、自己をも愛し、教養と勇敢さで輝く内面の美しさを尊重してます。
女性が輝く事で、男性にも良い影響を与え、世の中全体が活性化されるのではないでしょうか。
一人でも多くの☆真に美しい人☆が増える事を願っています。


●Japan National Director:斎藤英里
Transcontinental Pageants 2018年世界大会グランプリ受賞後、日本においてナショナルディレクターに就任。
現在、『Transcontinental Pageants - Mrs./Ms. Universe TCP』ナショナルディレクター、『Japan World Pageants』アシスタントディレクターとして活動。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/333337/LL_img_333337_3.jpg
斎藤英里

アメリカで育ち、スペイン・日本・マレーシアで出産し子育てを経験した私にとって、現在住んでいる日本での子育てが一番大変だと感じます。どんどん周囲からの"良いお母さん"プレッシャーにかられ、自分の存在が消えいく様な気がしました。
そんな時に、「自分を大切にできない人は、他人のことも大切にできない。」と、親友に言われました。"ママが自分を大切してどこが悪い!?""ママが綺麗でセクシーでどこが悪い!?"この様な強いスタンスを持って、私は日本のママにもっと色んな事に挑戦し、輝いて欲しいです。
今からでも遅くない。40代で、3人の子どもを持つ普通のママだって、自分を磨くことを惜しまず、自分の可能性を信じれば、アメリカの世界大会で優勝できるのだから。


画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/333337/LL_img_333337_1.png
Japan World Pageants

●Japan World Pageantsでは、こんな方を募集します。
1. これまでの自分を変えたい
2. 世界に出て、色々なチャンスを掴みたい
3. 自分の可能性に挑戦したい
4. 外面・内面の両面から美しくなりたい
5. 自分磨きをしたい
6. 同じ気持ちの仲間と交流したい


●コンテスト部門の紹介

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/333337/LL_img_333337_4.jpg
Mrs. International Global

【Mrs. Japan International Global 部門】
・ミセスカテゴリー 21歳~44歳
・クラシックカテゴリー 45歳以上

※どちらも次のいずれかに該当する方
既婚者、婚姻歴のある方、出産歴のある方


画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/333337/LL_img_333337_5.jpg
Transcontinental Pageants

【Transcontinental Pageants 部門】
・Mrs. Japan 24歳以上の既婚の女性
・Ms. Japan 23歳以上の未婚・離婚経験のある女性(シングルマザー可)
・Ms. Transcontinental(TM) Classic Japan 45歳以上の既婚・未婚の女性


●コンテスト詳細
・2021年公式ホームページ: https://mjig.jp/mjig2021/
・2022年公式ホームページ: https://mjig.jp/mjig-2022/
・2023年公式ホームページ: https://jwpcontest.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=小幅安、経済指標に注目

ワールド

原油先物、1ドル超上昇 供給途絶の懸念で

ワールド

イスラエル、ICJにガザ大量虐殺防止措置巡る報告書

ワールド

国連安保理、分断で権威失墜 「真剣な改革必要」=事
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中