注目のキーワード

Picture Power

【写真特集】暗黒郷アマゾンはどこまで続く

AMAZONIAN DYSTOPIA

Photographs by LALO DE ALMEIDA

2022年03月05日(土)16時00分

無秩序な開拓(写真の説明は文末に)

<ブラジルのボルソナロ大統領は開発を重視して違法行為も放置。森林破壊が急速に進んでいる>

アマゾンの熱帯雨林はしばしば「地球の肺」と呼ばれる。大量の二酸化炭素を吸収し、地球上の酸素の約20%を生産するなど、温暖化抑制のカギとなる存在だ。約300万種の植物や動物が生息し、最も生物多様性に富んだ地域でもある。しかし近年は、環境の悪化が懸念されている。

大きな原因は、アマゾンの森林の3分の2以上を占めるブラジルの政策だ。2019年に就任した右派のジャイル・ボルソナロ大統領は環境保護よりも開発を重視しており、違法行為も放置。森林破壊が急激に進んでいる。

ボルソナロは、アマゾンの経済開発は貧困層を救うとも主張する。だが、伐採などで生まれたお金が地元に還元されることはほとんどない。

写真家ラロ・デ・アルメイダが過去10年にわたりアマゾンの森林を撮影してきた写真は、そうした数々の問題を浮き彫りにしている。

ボルソナロは国際社会に向けて今年4月、違法伐採を30年までにゼロにすると表明した。この方針転換は、アルメイダの捉えた現実を変えるきっかけになるだろうか。

(冒頭写真の説明)
入植者が北西部アマゾナス州レアリダデの森林を切り開き、家を建てている(2018年8月)。ここは舗装の劣化で1988年に通行不能になった道路BR319号線沿いだが、ボルソナロ政権の計画どおりBR319が再舗装されれば伐採や土地開発はさらに進む。アマゾンでは道路の開通ほど、環境に変化をもたらすものはない


ppama02.jpg

<放牧>
野焼きされた土地で放牧される牛(北部パラ州のアルタミラ国有林、2014年9月)。牧草地開拓は森林消失の大きな原因だが、放牧の目的は畜産だけでない。ブラジルの法律では、一定の条件で土地を占有すれば自分のものにできるため、土地占拠を目的に放牧するケースもある


ppama03.jpg

<森林伐採>
北部ロンドニア州のジャマリ国有林で伐採され、トラクターで牽引される丸太(2018年8月)。ブラジル国立宇宙研究所によれば、アマゾンは今年7月までの1年間で1万3235平方キロ分と、06年以降で最大規模の森林面積が消失した。違法な伐採や野焼き、山火事などで森林破壊が続けば周辺の降雨量は大幅に減少し、さまざまな悪影響を及ぼす


ppama04.jpg

<ボルソナロ政権>
パラ州アルタミラで地元農民が建てたボルソナロ大統領支持の看板(2020年7月)。ボルソナロは19年1月の就任以来、アマゾン熱帯雨林の開発を優先し、環境保護を軽視する政策を取ってきた。そのため森林破壊が急速に進み、世界から批判を浴びている


ppama05.jpg

<土地略取>
熱帯雨林中のトリンシェイラバカジャ先住民居留地を見回り、村に戻ってきたシクリン人の戦士たち(2019年8月)。国が守ってくれないため、彼らは居留地の土地を開拓し収奪しようとする者に立ち向かい、森林破壊を防ぐ自衛組織を結成した

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECB分断化防止策、重要なのは「闘う意思」=スペイ

ビジネス

アングル:米株上期は半世紀ぶり大幅安、下期も身構え

ワールド

米は「アジア版NATO」構築、北朝鮮が非難 防衛力

ビジネス

午後3時のドルは小幅安、実需売りの後は一進一退 ト

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中