コラム

東大入試を変えれば日本の男女平等が近づく

2021年04月20日(火)15時30分

入試制度が変われば女子学生の比率も変わる? skynesher/iStock.

<政治・経済の分野で女性指導者が少ない日本だが、リーダーを多数輩出する東大の女子学生比率を上げればそれも変わるはず。そのためにパックンがお勧めする入試制度とは?>

暗いニュースが多いなか、喜ばしい情報が入りました!

世界経済フォーラムが毎年発表する「ジェンダーギャップ指数」で日本が前年のランキング(世界121位)から、なんと世界120位へと急上昇!おめでとうございます!

まあ、当然の表彰でしょう。この指数の審査要素の1つである「女性大臣の人数」だけを見ても、日本政府の功績は明らかだ。2019年9月時点と比べて、女性大臣の人数を(1人から2人へと)なんと倍増させることに成功した! はい、少し皮肉っている。すみません。でも、僕だけではなく、毎年このランキングの発表に合わせて同様の揶揄が各方面から聞こえてくる。

もちろん、世界経済フォーラムが西洋的な価値観でもって勝手に編み出した指数だし、ジェンダーの捉え方、性別の役割に関する考え方は国によって異なり、正解は1つしかないとは言わない。だが、現状に大きな不満を持っている日本国民が多いのも事実。

女性リーダーが少なすぎる

安倍晋三首相(当時)が「女性が輝く社会づくり」を宣言してから7年、男女共同参画室が内閣総理大臣官房に設置されて27年も経っているのに、変化のペースが遅すぎる!そう思っているのは、あと数年で娘が日本の社会に進出する在日アメリカ人コラムニスト芸人パパの1人だけじゃないはず。

日本が自慢できる面もある。ジェンダー指数をみると、女性の識字率や小学校の就学率、出産時の性別比率はともに世界1位。一方、他の先進国に大きな後れを取っているのは経済(117位)や政治(147位)の分野。国家議員や大臣、上場企業の役員などにおける女性の割合は相変わらず先進国の中で最低レベル。

社会の基盤となるこの2つのフィールドで女性が重要ポストに就けないと、女性参画を図るための制度改革が遅れてしまう。それだけでなく、若い女性にとって自分の将来の可能性を示す「ロールモデル」となる存在も少なく、次世代の女性リーダーの育成も遅れることも意味する。

もちろん、前より目立つポジションに女性が就くようにはなっている。今年特に注目される東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長に橋本聖子さんが就任したことも評価すべき点でしょう。それが前任の女性蔑視発言なしでできたならばなおさらだったけど。

でも、まだまだ平等といえる状況ではない。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

スイスのピクテ・グループ、216年の社歴で初の女性

ワールド

トランプ氏一族の企業がNY市提訴、ゴルフコース契約

ワールド

原油先物は上昇、北海ブレント75ドル超 需要回復期

ビジネス

ビットコイン、アジア時間で持ち直す オーバーナイト

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下構造が崩壊

  • 4

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 8

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中