コラム

冷戦下の時代に翻弄される音楽と男女の軌跡を描く『COLD WAR』

2019年06月27日(木)15時15分
冷戦下の時代に翻弄される音楽と男女の軌跡を描く『COLD WAR』

冷戦下という時代に翻弄される二人......『COLD WAR あの歌、2つの心』

<冷戦下のポーランド、ベルリン、ユーゴスラビア、そしてパリを舞台に、陰影に富む美しいモノクロ映像と音楽を通して1949年から64年に至る男女の軌跡を描き出す......>

『イーダ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したパヴェウ・パヴリコフスキ監督の新作『COLD WAR あの歌、2つの心』では、冷戦に翻弄されながらも深く愛し合う男女の数奇な運命が描き出される。

1949年、冷戦下のポーランド。新たに音楽合唱舞踊団を立ち上げるための養成所で、ピアニストのヴィクトルと歌手を夢見る生徒ズーラが出会い、強く惹かれ合っていく。だが、西側の音楽を愛するヴィクトルは政府に監視されるようになり、パリに亡命する。音楽合唱舞踊団で歌手として成長を遂げたズーラは、公演で訪れたパリでヴィクトルと再会し、すれ違いを経てようやく共に暮らすようになるが、ある日突然、ポーランドへ帰ってしまう。ヴィクトルは彼女を追ってポーランドに向かうが──。

音楽を通して1949年から64年に至る男女の軌跡を描く

本作はパヴリコフスキの両親に捧げられ、ふたりの主人公の名前はその両親からとられている。ただし、部分的に両親の人生に基づくだけで、伝記映画ではない。

パヴリコフスキは、大胆な省略が際立つ構成、陰影に富む美しいモノクロ映像、緻密なアレンジが施された民族音楽やジャズなどを駆使することで、物語に頼らず、音楽を通して1949年から64年に至る男女の軌跡を描き出していく。

だから省略部分を想像力でいかに補うかによって印象が変わってくる。なかでも筆者が特に注目したいのが、廃墟となった教会に対するパヴリコフスキの眼差しだ。物語の始まりと終わりに同じ場所が出てくることは珍しくないが、登場人物と場所の関係をいくらか説明すれば、そこに特別な意味が込められていることがわかるだろう。

本作は、3人の男女が、辺境の村々を訪ね歩き、音楽を収集する場面から始まる。その3人とは、主人公のヴィクトル、ダンス教師のイレーナ、そして彼らを指揮する管理部長カチマレクだ。彼らは、国立の音楽合唱舞踊団を立ち上げるために旅している。

そんな旅の途中で、カチマレクが車を降り、雪に覆われた平原の道を歩き、林で用を足す。すぐそばに戦争で破壊され、廃墟となった教会があることに気づいた彼は、そのなかに入っていく。教会は、壁のフレスコ画が剥がれかけ、丸屋根が崩れ落ちて空が見えている。そこから映像は、地方で見出された少年少女が音楽合唱舞踊団の養成所に集められる場面に変わる。

教会はカチマレクがたまたま目にしたもので、おそらくはその場所も把握していないし、すぐに忘れてしまうような出来事に見える。ところが、最後に再び教会の場面になるとき、そこに現れるのはズーラとヴィクトルであり、彼らは以前から知っている場所、まるで戻ることが運命づけられている場所であるかのように、そこにやって来る。

義務づけられた社会主義リアリズムという芸術

そうなると、この教会は象徴的な意味を持つことになる。ではどんな意味か。パヴリコフスキが音楽を中心に据えていることを踏まえるなら、やはり音楽から考えてみるべきだろう。スレファン・シレジンスキ/ルドヴィク・エルハルト編『ポーランド音楽の歴史』には、戦後の音楽の状況について、そのヒントになるような記述がある。


 「戦争が、破壊の結果として、また徹底してポーランド文化の抹殺をめざした5年半にわたる占領者の計画的、組織的活動の結果として残したものは荒涼たる文化の砂漠であった。したがって、まずなすべきは活動の再開や刷新ではなく、音楽生活とその組織、施設を完全に一から作り出すことであった」

OBA0627B.jpg

『ポーランド音楽の歴史』ステファン・シレジンスキ/ルドヴィク・エルハルト編 阿部緋沙子/小原雅俊/鈴木静哉訳(音楽之友社、1998年)

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!