コラム

TOEIC SWテストを受けてみた

2010年11月22日(月)11時38分

 この夏、10数年前のアメリカ留学時代にお世話になった先生が、研究のために2カ月ほど日本に滞在した。久々の再会を喜び、積もる話に花が咲いた......のは近況報告や雑談をしている間のこと。代理で借りておいたウィークリーマンションの契約の詳細や、円高ドル安の影響に話が及ぶと、あれ、おかしいな、思ったように英語が出てこない......。

 ニューズウィーク日本版の編集者という仕事柄、英語は得意だと思われがちだし、実際、英語に触れない日はない。ニューヨークからの連絡は当然、英語だし、英文記事を日本語に翻訳する作業も多い。ただ、「話す」シチュエーションは思いのほか少ない。東京のオフィスにいる外国人は皆、日本語が堪能(日本人スタッフの翻訳をサポートしてくれる)だし、海外の記者との連絡も最近はメールばかり。最後に仕事で英語を話したのはいつだろう──。
 
 そんなときに思い出したのが、企業の英語研修のトレンドを取材したときに知ったTOEIC スピーキング/ライティングテスト(SWテスト)。就職活動や社内の人事評価の定番となっている通常のTOEICとは別のテストで、「話す」と「書く」という発信型な英語力を測定できる。

 リーディングとリスニングの力を測る従来のTOEICで高得点でも、外国人の前ではしどろもどろというケースが少なくないだけに、最近は採用や海外赴任者の選考の際にSWテストのスコアの提示を求める企業が徐々に増えているという。トータルのスコアだけでなく、発音やイントネーションの評価も表示されるというから、自分の今の実力を知り、対策を講じる足掛かりにもなりそうだ。

 11月のある日、SWテストを受けてみた。パソコンが置かれたブースに座り、試験官の説明を聞き終えると、ヘッドセットをつけて、まずは約20分間のスピーキングテストがスタート。初めの2問は広告などの英文を音読する問題。よかった、ざっと見たところ、知らない単語はなさそうだ。テレビCMのナレーターになったつもりで、大げさに抑揚をつけて読んでみる(試験終了後に自分の回答を聞き直したら、かなり強調したつもりの部分でも単調に聞こえたが)。

 続く第3問は、写真を見て内容を45秒で描写するという問題だ。サンプル問題にあるように、スーパーで買い物客が品物を物色している、という類の日常の一コマなのだが、聞き手が光景をイメージできるように説明するのは意外と難しい。しかも、45秒は結構長い。棚に並ぶ商品や店員の様子についても話す時間は十分あるのに、思い出せない単語があって口ごもっているうちに時間切れ。後半は、ほとんど意味不明に「well...,The man is...,ah...」とつぶやくだけだった。

 その後も、モニターに映し出された文書を見ながら、問い合わせの電話に即興で答える、与えられたテーマについて自分の意見を60秒で述べる、など難易度の高い問題が続く。なかでも冷や汗をかいたのは、顧客からの苦情電話に応える形で、電話で解決案を提示するという問題だ。まず「Thank you very much for calling, Mr.○○.」といった決まり文句で挨拶し、次に解決策らしきものを話してみる。それでも、残り時間はまだ20秒以上ある。何か言わなくては、と焦るほど、何も頭に浮かばない。
 
 後で思い返せば、「他に質問はありませんか」と相手に尋ねてみるとか、「この方法でうまくいかなかったら、遠慮なくまたご連絡ください」と付け加えるなど言えることはいくらでもあったし、実際の顧客対応ではそうした気遣いの言葉が不可欠なのだが、その場では頭が真っ白になり、最低限の用件を伝えただけ。日本人は質問に答えることはできても、そこから話を膨らませたり、会話をつなげるのが苦手だとよく言われるが、その典型だのような対応になってしまった。 

 気を取りなおして、次は60分間のライティングテスト。ヘッドセットを外して、キーボードに向かう。こちらも、ビジネスの現場で実際にありそうなシチュエーションばかり。取引き先からの問い合わせメールを読み、可能な対応策についての返信メールを書く、といった具合だ。

 最後の課題は、30分かけて自分の意見を記述するもの。「効果的な回答を作成するには少なくとも300語以上必要でしょう」という注意書きが添えられている。今回の課題は、ある情報を入手する方法を複数挙げて解説するというもの。仕事で英文メールを書くことはよくあるので、結論を最初に書く、根拠を述べるといった鉄則を意識しながら、それなりのスピードで調子よく書き進める。

 2パラグラフほど書いたところで、ワード数をチェック。え? まだ150語? それ以降は時間との戦いで、ときには中学生の英作文のようなシンプルな表現をつなぎながら、何とか300字に到達した。30分で300字以上書くには、ぴったりの表現を探してあれこれ考えたり、構成を吟味する暇はない。英語で書いていることを意識せず、日本語で書くときのように内容に集中して書き続けるくらいの慣れが必要なようだ。
 
 あっという間に試験終了。疲れたが、刺激的な経験だった。特にスピーキングでは、もっとこう言えばよかったという後悔が残るが、コミュニケーションはその場で何を言えるかがすべてなのだから、これが今の力なのだろう。

 印象的だったのは、英語の知識そのものではなく、英語でビジネスコミュニケーションを行う力を測るという明確な姿勢だ。SWテストでは、どんな英語表現を使うべきかという言語的な判断だけでなく、トラブルにどう対処すべきかといった業務上の判断も瞬時にしなければならない。社会人経験のない人には高いハードルに思えるが、企業がそうした力を備えた即戦力の人材を求めるのはもっともな話で、その指標としてSWテストが採用されるのも自然な流れだろう。実際、急速に「英語先進国」になりつつある韓国では、すでに約350社が採用や昇進時にSWテストのスコアを利用しており、受験者数は年間15万人に達するという。

 もっと流暢に話したい、もっと正確で論理的な英文を書きたいと思っても、そのために何をしたらいいのかわからないという人は多いだろう。そんな時はSWテストのような試験をペースメーカーとして利用すれば、効率よくビジネスに必要なレベルの発信力を身に付けられそうだ(英語のアウトプット能力を測るテストには、他にもTOEFLやGTEC、VERSANT、TSST、STEP BULATSなどがある)。

 採点結果が届くのは約3週間後。漠然と感じていた自分の弱点を突き付けられそうで怖いけれど、かなり楽しみでもある。久しぶりに英語と本気で向き合ってみようという気持ちが高まってきた。

──編集部・井口景子

■TOEIC SWテストの無料受験モニターを募集中です。詳しくはこちら

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story