コラム

ソマリア人ラッパーが歌ったW杯

2010年07月08日(木)17時51分

 コカコーラのワールドカップCMで流れているキャンペーンソング。耳にした人も多いのでは。曲名は「Wavin' Flag(ウェイビング・フラッグ)」で、歌っているのはソマリア出身のラッパー、K'naan(ケイナーン)だ。ケイナーンは各国のアーティストと共演していて、日本ではAIとコラボしている。

Give me freedom, give me fire, give me reason, take me higher
See the champions, take the field now, you define us, make us feel proud
In the streets our heads are lifting, as we lose our inhibition
<自由を手に、闘士を燃やし、信念を持って、胸を張って/ピッチに立つ俺たちの代表、俺たちの誇りだ/みんなで盛り上がろう、抑圧から解放されて>

When I get older I will be stronger
They'll call me freedom, just like a wavin' flag
So wave your flag, now wave your flag, now wave your flag
<大きくなったら、強くなるんだ/自由を手に入れるんだ、風にはためく旗のように/さあ国旗を手にして、みんなで振ろう、風を感じながら> 

 この曲はケイナーンの物語。ソマリアの首都モガディシオで生まれ、1991年に13歳で家族と共に母国を離れた。正確には「脱出した」と言ったほうがいいだろう。

 反政府勢力による武装闘争が何年も続いた末、ついに内戦が勃発した年だった。各国の大使館が撤収していくなか、ケイナーンの母親は何度も何度も米大使館に駆け込み、やっとのことでビザを取り付けたという。ケイナーンいわく「ソマリアを出る最後の便だった」。

 以降、ソマリアの内戦は泥沼化していく。「あの最終便に乗れなかった人たちがどうなったかはよく知っている」と、ケイナーンは英BBCに語っている。「少年兵になって今も戦っているか、死んだか」。そのなかには彼の親戚や友人も含まれている。

 祖国の混乱と暴力を歌うケイナーン。実は、コカコーラのCMで流れる「Wavin' Flag」は彼が09年にリリースした同名の曲をW杯用に一部書き直したもので、オリジナルはそこまで希望に満ちあふれた曲ではない。

Born to a throne, stronger than Rome,
but violent prone, poor people zone
But it's my home, all I have known
<ローマ帝国より強力な王の下に生まれた/なのにそれは暴力と貧困の国/でもそれが俺の祖国、俺が知るすべてだ>

Look how they treat us, make us believers
We fight their battles, then they deceive us
Try to control us, they couldn't hold us
<やつらが俺たちにしたことを思い出せ、俺らを巧みに言いくるめ/俺らを戦争に駆り出し、そして裏切るんだ/俺たちを支配しようとしたって、そうはさせるものか> 

 コカコーラ社の要望で「暴力」「貧困」「戦争」などといったフレーズが書き換えられた。やはりオリジナルのほうがストレートで力強いし、個人的にはこっちのほうが好きだ。でも、「W杯キャンペーンソングだから」というコカコーラの気持ちも分かる。

 ケイナーンも別に、ほいほいと大企業に迎合したわけではないようだ。「より多くの人に聞いてもらえるいい機会だと思ったから受けた。これは俺の書いた曲だし、ミュージシャンとして妥協もしていない」(ビルボード誌より)

 それにケイナーンは、言いたいことは言うアーティスト。01年、UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)の50周年記念コンサートに招かれた際には、国連のソマリア支援の失策ぶりをこき下ろすラップを即興で披露した。海賊行為については、「正当化できるものではない」としながらも、「背景にはソマリア沖での違法漁業や外国企業による有害廃棄物の投棄に対する抵抗といった側面もある」と公言している。


 W杯も気付けばもうすぐ終わり。ピッチの外に関する「反省会」はこれからじっくり行われると思うが、すでにうちの媒体も含め、いろんなメディアが祭りの陰で起きた数々の問題を指摘している。経済効果は期待はずれ、FIFA(国際サッカー連盟)のあくどい商売主義、ネット環境にない地元民を無視したオンラインチケット販売、再開発で家を追われた貧困層などなど。

 でも最初から完璧にできる国なんてないと思う。特に途上国開催の場合、先進国の基準でなんでもかんでも期待するのは無理があるだろう。先進国開催でも、こうした国際大会をホストすれば何らかの「ほころび」が出てくるもの。要は、どれだけきちんと反省会をして次に活かせるか。14年開催のブラジルもそうだし、次にまた南ア、もしくはアフリカのどこかの国が招致できたときに同じ失敗を繰り返さないようにすればいい。

 それにネガティブな話だけじゃなかったはずだ。ぽつぽつと強盗のニュースが聞こえては来たが、想定範囲内で済んだのではないか。行ってみたら、そこまで身の危険を感じることはなかったと拍子抜けしたサポーターも結構いるのでは。目的はサッカーだったけど、南アの人々と直接触れ合って、この国がちょっと身近に感じるようになったという人も少なくないだろう。

 現地に行けなかった人もW杯がなかったら知ることもなかった情報を手に入れた。この数週間で「ブブゼラ」は世界的に有名に。ヨハネスブルグやケープタウンしか知らなかった人は、ダーバンやブルームフォンテンといった都市名を知り、海岸沿いだから暖かいとか高地だから酸素が薄いとか、各都市の特徴まで分かるようになった。些細なことだけど、こういうのもW杯効果の一つだと思う。

 ピッチの上では、残念ながらアフリカ勢は振るわなかったけど、大会初ゴールを決めた南ア代表チャバララ選手の雄姿(とその後のキュートなダンス)は忘れられない。黒人居住区ソウェト出身のチャバララが地元に帰ったときの映像もあったが、彼を見上げる子供たちの目がすごく輝いていたのも印象深かった。

 ケイナーンはW杯が開幕する直前、オンラインニュースのハフィントン・ポストに寄稿し、こう結んでいる。「私の音楽が、アフリカ大陸が抱える計り知れないほどの苦しみと素晴らしさ、その両方に目を向けるきっかけになればいい」

 ケイナーンの曲も今回のW杯も、きっかけになったと思う。そこに意味を置きたい。

──編集部・中村美鈴

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story