コラム

元イラン国営通信記者、東京の闘い

2010年03月07日(日)11時00分

「核より民主化を!」「ハメネイもアハマディネジャドも独裁者はみんな出て行け!」

 先週の金曜日、在日イラン人20人余りが日本プレスセンタービル前で抗議の声を上げた。来日中のアリ・ラリジャニ国会議長の記者会見にあわせたものだったが、この抗議活動の情報が耳に入ったからなのか、議長は直前になって予定をキャンセル、大使館内での会見に切りかえた。

 それでも在日イラン人たちは雨の中、叫び続けた。偵察に来ていると思われる大使館関係者に訴えるために、そしてイラン国内で闘う人々を後押しするために。

 元イラン国営通信・東京特派員のモクタリ・ダビッドさんも、こうした日本からイランの民主化を訴える運動に加わる一人だ。モクタリさんが約15年間勤めたイラン国営通信を辞めたのは08年末。アハマディネジャド政権下で国営通信は体制の道具と化していた。自己検閲が厳しくなり、政府に批判的な記事はすべて不掲載になる。「嘘をばらまく仕事はできない」と退職した。

 現在はフリーとしてイラン国内のネットニュース向けに記事を書きながら、抗議活動や日本語で開設したブログなどで民主化支援を訴える。

 イランで高まる反政府運動は昨年6月の大統領選の不正疑惑に端を発したものだが、モクタリさんは選挙はただのきっかけにすぎず、イスラム革命以来30年間我慢してきた国民の不満が爆発したのだと言う。「(選挙で敗れた改革派の)ムサビもカルビも反政府運動のリーダーではない。むしろ国民一人ひとりが自分で考え行動している運動に2人が引っ張られているかたちだ」

 イラン指導部に「対話路線は通じない」とモクタリさんは言う。「聖職者であって政治家ではない彼らに、譲歩しあうという考えはない。世界はいつか自分たちのものになるというカルト的な考えの人たちとどうやって交渉するのか」。さらに現体制には国益という概念もないと指摘する。「彼らが守りたいのはシーア派の利益。今はイランという国を『箱』として利用しているだけ」

 日本からとはいえ、反体制の声を上げるモクタリさんが、テヘランにいる親族の身を案じないわけではない。それはこの日、集まったほかの在日イラン人も同じ。様子を見に来た大使館員に写真を取られてもいいように、サングラスとマスクで顔を隠す人もいた。

 でもそれは決して弱さではないと私は思う。権力者に抗うときに防衛手段をとるのは当然のこと。むしろ彼らの前に姿を現さなかった議長のほうが弱さを見せたのではないか。同じ理屈で、イラン国内で弾圧が強まるのは、権力も財力も手中に収め強者であるはずの指導部が、一般市民の力を何より恐れている証だ。

──編集部・中村美鈴


このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story