コラム

ウッズ顔負け!? 「政界失楽園」米国版

2010年03月01日(月)14時00分

 

裏切りの予感? 不倫が発覚する前、妻エリザベスと見つめ合うエドワーズ(07年4月)
Jim Young-Reuters
 


 ゴルフ界のプリンスから一気に「スキャンダルの帝王」に転落したのはタイガー・ウッズ。では、米政界のプリンスからサイアクの不倫男に転げ落ちたのは?――ジョン・エドワーズ元上院議員(56)だ。

 エドワーズといえば、04年大統領選で民主党の副大統領候補に指名され、08年にも大統領選に出馬した言わずと知れたスター政治家。民主党予備選で敗れたものの、オバマ大統領の副大統領候補リストにまで名を連ねた人物だ。

 このエドワーズが今、ドロドロ不倫で血みどろになっている。

 政治家の不倫スキャンダルなんて日常茶飯事のアメリカでエドワーズ不倫の何が衝撃かって、それはなんと言っても「庶民のヒーロ-」的なイメージで知られていたエドワーズが、「アメリカ政治史上、最も薄汚いセックススキャンダル」を巻き起こしているということだ。

 大統領選でのエドワーズは、腕まくりしたシャツとジーンズ姿で爽やかな笑顔を振りまく、「青春映画スター」さながらのナイスガイ。ブルーカラーの両親に育てられ、家族の中で初めて大学に進学して弁護士になったアメリカンドリームの体現者でもある。大統領選には貧困撲滅と国民皆保険を訴えて出馬し、白人労働者層を中心に支持を集めていた。

 ところがところが。最近、エドワーズの元側近であるアンドルー・ヤングが暴露本『政治家(The Politician)』を書くと、その発売直前にエドワーズが「隠し子」の存在を認めたのだ。

 エドワーズのお相手は、選挙用の映像製作を担当したリエル・ハンター(45)。07年10月に米タブロイド紙ナショナル・インクワイアラーが2人の関係を独占スクープしたときは、エドワーズは「バカバカしい」と一蹴していた。不治の癌と闘病中の妻エリザベスと、結婚30周年記念に2度目の結婚式を演出して涙を誘ってからわずか3カ月後の報道だった。

 その後ハンターの妊娠が報じられると、08年1月に民主党予備選がスタートする直前に、(暴露本を書いた側近)ヤングが「父親は自分だ」と宣言。翌月2月27日に女の子が誕生した。

 だが、民主党予備選から撤退後の08年8月、エドワーズはABCテレビのインタビューで不倫を告白する。この時、エドワーズは反省しまくりなご様子でこう語っていた。

「大統領選に出馬表明する前に関係は終わっていた。06年の短期間だった」
「大きな間違いを犯した」
「(女児の)父親ではない。交際期間から考えて、それはあり得ない。実父確定検査を受けたい」
「(ハンターを)愛していない。愛しているのは妻ただ1人」

 不倫劇もここで終われば、「王子もただの人間だった」で済んだものを・・・・・・。さすがは「政界失楽園」のアメリカ版。そんな中途半端な最終回はあり得ない。

 選挙期間中は、側近中の側近としてエドワーズに尽くし、不倫の隠蔽に奔走してきたヤング。その彼がここにきて、「もう我慢ならん」とすべてを暴露し始めたのだ。ヤングが語る、エドワーズの衝撃の行動とは――。

1)エドワーズが愛人ハンターにささやいた約束――妻が癌で死んだらニューヨークのマンハッタンで屋上ウェディングを挙げよう!

2)ハンターの妊娠を知ったエドワーズは、ヤングに中絶の説得を手伝うよう頼んだ。いわく、「ハンターは狂った尻軽女だから、父親が自分である確率は3つに1つだ」

3)自分が女児の父親かどうかをDNA検査で確認しようと、エドワーズがヤングに頼んだこと――赤ん坊のオムツを盗んでこい! 必要とあらば、医者に検査結果を偽造させろ!

 その他、ヤングに父親宣言をさせたエドワーズはヤング夫妻とハンターをプライベートジェットで雲隠れさせ、1週間1万ドルのホテルなどを転々とさせたという。これらの資金をパトロンたちからの寄付金で賄っていたというから、「庶民の味方」が聞いてあきれる。

 一方でエドワーズにしてみれば、ヤングの背信ぶりもものすごい。「(妻)エリザベスの死に際を楽にするため、すべて隠したい」というエドワーズの自己中な思いやりをよそに、その闘病中のエリザベスを前に、容赦なく暴露しまくったのだから。

 しかもこのヤング、エドワーズと当時妊婦だったハンターの「セックステープ」を入手し(ゴミ箱から回収したらしい)、自分の妻と一緒にご鑑賞。夫妻で『オプラ・ウィンフリー・ショー』などのテレビ番組に出演し、テープの内容まで告白した。もちろん、ハンターはこのテープの返還を求めて訴訟を起こしている。

  さて、この不倫劇で一番かわいそうなのは不治の病のエリザベス、と思いきや、彼女は泣き寝入りするようなタマではない。ヤングがFOXニュースに語ったところによると、エリザベスはヤングへの留守電で「あの赤ん坊の費用はアンタが払うのよ!」と怒鳴りちらし、現在は「自分とエドワーズの結婚が破綻したのはヤングのせい」としてヤングを訴えようとしている。

 一方のエドワーズはというと、1月21日に自分が隠し子の父親だと認めた同日にハイチ入りし、こう発言。「言うべきことは言った。人々を助けるためにここに来た」。 ・・・・・・・今、エドワーズほどハイチが不似合いな男はいないだろう。

 そしてエドワーズはこの「父親宣言」の直後、32年間連れ添い、4人の子供(そのうち長男は事故死)をもうけた妻エリザベスと離婚手続きに入った。

 ここまで泥沼化した不倫劇。最初からスクープし続けてきたナショナル・インクワイアラー紙は、同紙の報道を今年のピュリツァー賞にエントリーした。確かに、大統領になろうという男がその選挙活動中に羽目を外しまくっていた事実をスッパ抜き、主要メディアが軽視するなか伝え続けた功績は大きいだろう。エドワーズは大統領の座にはほど遠かったかもしれないが、オバマとタッグを組んで副大統領になっていた可能性は十分にあったのだから。

 そのインクワイアラー紙は、もちろん衝撃のクライマックスを用意してくれた。

 エドワーズが、愛人ハンターと婚約!

 この報道はすぐにエドワーズの代理人に否定されたが、ここまで嘘で固めてきたエドワーズだけに、インクワイアラー紙のガセネタだと決め付けるのは早いかもしれない。エドワーズは大ドンデン返しを期待したいところだろうが、彼の政治生命はおそらくすでにジ・エンドだ。


──編集部・小暮聡子

このブログの他の記事も読む

 

 



 

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米民主ジャクソン・リー下院議員が死去、黒人の権利擁

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story