Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2024.2.13号(2/ 6発売)

特集:株式会社ハマス

2024年2月13日号(2/ 6発売)

Cover Story

10.7襲撃を起こしたイスラム組織のフロント企業を駆使した世界的集金ネットワーク

調査報道 世界に広がるハマスの資金網を追う
イスラエル ガザにいない幹部を殺害せよ
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「米朝戦争」は確かに迫っていた

安全保障 20年前、アメリカは北朝鮮への軍事作戦を検討していた

イスラム国は終わっていない

ルポ 元戦闘員は社会から拒絶され、組織は復活を狙う
【Periscope】
UKRAINE  ウクライナ軍トップ解任と戦争の行方
UNITED STATES  FRB利下げでバイデンに追い風が
RUSSIA  ロシア反体制派弾圧が国境を越えた?
GO FIGURE  選挙資金調達はトランプが劣勢
【Commentary】
視点 「トランプ再選」で世界はこうなる ── 河東哲夫
分析 金正恩の挑発にどう向き合うか ── グレン・カール
中東 UNRWAテロ支援20年の歴史 ── 飯山 陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 重大事故を報じない中国メディア ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 英「冤罪」事件と富士通の責任 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 大切なドレスを義妹に壊されました
かしまし世界時評 台湾で見つけたニッポンの不思議 ── プチ鹿島
【World Affairs】
南アジア 国境紛争に追われるパキスタンの袋小路
ウクライナ 30年前の核放棄は必然だった
【Features】
評伝 だから大坂なおみは心の問題を訴えた
Q&A  伝記作家だけが知っているなおみの真実
【Life/Style】
Movies  寓話仕立てのサバイバル劇『雪山の絆』
Royals  訴訟まみれの王子、ヘンリーの憂鬱
Pets  飼い主由来の感染症でペットが病気に?
Travel  今年しかない最旬の旅ベスト7
Television 「『進め!電波少年』から着想を得た」
My Turn  むちゃ食いに苦しむ母を私は救えなかった
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 実験的試みが描き出す循環型未来
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 容姿を競うミスコンはオワコン ── 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中