Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.12. 8号(12/ 1発売)

特集:202X年の癌治療

2020年12月 8日号(12/ 1発売)

Cover Story

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

医療 ここまで来たニッポンの最先端癌治療
テクノロジー コロナ禍の治療は延期すべきなのか?
新技術 一滴の血液で癌再発を防ぐ
研究 小さなRNAが開く癌治療の大きな地平
リモート診察 遠隔で医療チームとつながる安心感
生物学 医療も経済も変えるバイオ革命の現在

マラドーナの声が消えた時に

追悼 最も偉大なサッカー選手で「最高に人間らしい神」との別れ
【Periscope】
WTO WTO事務局長選という米次期政権の難題
THAILAND タイ王室改革を叫ぶデモ隊に不敬罪
BRITAIN 扱いやすく安価なワクチンが途上国を救う?
GO FIGURE 「夢の国」ディズニーのリストラが止まらない
【Commentary】
視点 危険を冒す価値が五輪にあるの?──コリン・ジョイス
米中関係 第2段階合意がバイデンに必要だ──ミンシン・ペイ
米政治 米新政権の人事を読み解くと──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 女王様は民主主義がお嫌い──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 「コロナ株高」の構造を分析する── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 娘がスキー旅行に行きたがりません
その言葉への違和感 社会はどう「分断」されているか── 望月優大
森達也の私的邦画論 『ミセス・ノイズィ』はまるで現代版『羅生門』──森達也
【World Affairs】
経済 世界が借金漬けでも破綻しない理由
貿易協定 RCEP加盟を拒否したインドの過ち
日韓関係 貿易協定が「犬猿の仲」を改善する
ルポ ナゴルノカラバフで燃え上がる絶望
【Features】
対論 SNSによるネット検閲は許されるか
米政治 バイデン勝利の陰の功労者
【Life/Style】
Music 等身大のプリンスを知る男
Movies ミニマルで力強い『燃ゆる女の肖像』
Movies 歌って踊って聖夜を彩る『ジングル・ジャングル』
Movies ハリポタのスポーツを新兵器でさらに満喫
Museum コロナ後に行きたい世界の奇妙な博物館
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power コンゴの目が映し出したコンゴの危機
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン ── 日本と原子力の不思議な関係

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 6

    日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 7

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 8

    アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 2

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中