Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.12.15号(12/ 8発売)

特集:ジョンのレガシー

2020年12月15日号(12/ 8発売)

Cover Story

全世界が衝撃を受けた悲劇の死から40年── 「20世紀のアイコン」が現代に残した音楽・言葉・思想

追憶 ジョン・レノンが僕たちを解放した
暗殺 ジョンが「神」になった日
影響 彼が残したもう1つの貴重なレガシー
ディスコグラフィー ジョンが奏でた「ビートルズ後」の音色
インタビュー 「僕は裸の王様だった」
プロフィール オノ・ヨーコが歩いてきた40年
回顧 最強弁護士、窮地の2人を救う

ナイキCMの戦略的正しさ

日本 マーケティング戦略の視点で見れば購買層以外の批判は問題でない
【Periscope】
UNITED STATES トランプは恩赦で自分を救えるか
SOUTH KOREA 法律を変え兵役延期したBTSパワー
BRITAIN ロンドンで子供の貧困が深刻化する
GO FIGURE GoTo感謝祭後のアメリカで死者急増
【Commentary】
視点 習の台湾統一は中国の黙示録── 河東哲夫
中東 イラン核科学者暗殺の「成果」──グレン・カール
欧州 「チャイナ・ファースト」が忍び寄る──ヨシュカ・フィッシャー
風刺画で読み解く「超大国」の現実 ハイテク天国は老人の地獄──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 貿易協定をめぐる大きな勘違い── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ズーム授業でカメラONを強制したい
ニューヨークの音が聴こえる コロナ禍の歳末にNYの素顔を見る── 大江千里
【World Affairs】
中国 香港を待つロシア式統治
外交 中国の仕掛けに乗った豪首相の浅慮
【Life/Style】
Books アメリカ人が星条旗に見いだすもの
Movies 憎まれ者に血を通わせる役作りのコツ
Movies 映画オタク感泣『市民ケーン』の舞台裏
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 騙され子宮を奪われる農民女性たち
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友 ── 実習生を偽難民にしてしまう日本

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中