Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.4.17号(4/10発売)

特集:金正恩の頭の中

2018年4月17日号(4/10発売)

Cover Story

中米韓トップと対等な会談を取り付けた金正恩── 「経験不足」とみられてきた若き独裁者の最終目標は

北朝鮮 世界は踊る、金正恩の思惑で
発言 ツンデレ正恩の(ありがたい)お言葉
分析 北メディアの沈黙に変化を読み取れ
中朝会談 先手を打った習と金の腹の内
アメリカ トランプ流が招く米外交の「敗戦」

米中貿易戦争へのカウントダウン

貿易摩擦 このまま課税合戦が激化すれば、その先には大恐慌が待つ?
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 韓国大統領の哀しき末路
JAPAN ジブリ「もう1人の巨匠」逝く
CHINA 聖書が買えない中国のキリスト教規制
PALESTINE 国際社会に広がるパレスチナへの無関心
UNITED STATES 就業時間外メールにNYもNo!
SYRIA シリア撤退は暴論か正論か
SAUDI ARABIA 『ブラックパンサー』は映画解禁に理想的
RUSSIA ロシアは海底ケーブルが狙い?
FRANCE パリ大混乱の国鉄ストもバカンスまで
Asia
CHINA 世界の脅威はテロから中ロへ
CHINA 中国空軍が空の覇権争いを制する日
U.S. Affairs
ホワイトハウス一番の情報リーク元は誰?
YouTube銃撃犯の奇妙な素顔
【FEATURES & ANALYSIS】
オーストリア 永世中立、でもロシアが好き
南ア 「炎と怒り」を貫いたマンデラ妻の人生
カナダ イケメン首相の人気に陰り
天文学 異星人のシグナルを探せ
競争 「未知との遭遇」は中国のほうが先?
科学 UFO目撃情報とフェイクニュースの共通点
病院 医療ツアー大国インドの現実
イスラエル 豚はダメでもクローン豚はOK
科学 ナノ素材で叶える「透明マント」の夢
【LIFE/STYLE】
Books ルーズベルト夫人と女性記者の恋
Television 黒人カウンセラー役が目立つけど
Movies 『パシフィック・リム』続編で輝きを失った人
Movies 「戦いだけの物語じゃない」
Sports 「俺様野郎」ズラタンがアメリカ征服宣言
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 見当違いな銃乱射対策のススメ
Picture Power アメリカが失った「感じる力」

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!