Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.4.17号(4/10発売)

特集:金正恩の頭の中

2018年4月17日号(4/10発売)

Cover Story

中米韓トップと対等な会談を取り付けた金正恩── 「経験不足」とみられてきた若き独裁者の最終目標は

北朝鮮 世界は踊る、金正恩の思惑で
発言 ツンデレ正恩の(ありがたい)お言葉
分析 北メディアの沈黙に変化を読み取れ
中朝会談 先手を打った習と金の腹の内
アメリカ トランプ流が招く米外交の「敗戦」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

米中貿易戦争へのカウントダウン

貿易摩擦 このまま課税合戦が激化すれば、その先には大恐慌が待つ?
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 韓国大統領の哀しき末路
JAPAN ジブリ「もう1人の巨匠」逝く
CHINA 聖書が買えない中国のキリスト教規制
PALESTINE 国際社会に広がるパレスチナへの無関心
UNITED STATES 就業時間外メールにNYもNo!
SYRIA シリア撤退は暴論か正論か
SAUDI ARABIA 『ブラックパンサー』は映画解禁に理想的
RUSSIA ロシアは海底ケーブルが狙い?
FRANCE パリ大混乱の国鉄ストもバカンスまで
Asia
CHINA 世界の脅威はテロから中ロへ
CHINA 中国空軍が空の覇権争いを制する日
U.S. Affairs
ホワイトハウス一番の情報リーク元は誰?
YouTube銃撃犯の奇妙な素顔
【FEATURES & ANALYSIS】
オーストリア 永世中立、でもロシアが好き
南ア 「炎と怒り」を貫いたマンデラ妻の人生
カナダ イケメン首相の人気に陰り
天文学 異星人のシグナルを探せ
競争 「未知との遭遇」は中国のほうが先?
科学 UFO目撃情報とフェイクニュースの共通点
病院 医療ツアー大国インドの現実
イスラエル 豚はダメでもクローン豚はOK
科学 ナノ素材で叶える「透明マント」の夢
【LIFE/STYLE】
Books ルーズベルト夫人と女性記者の恋
Television 黒人カウンセラー役が目立つけど
Movies 『パシフィック・リム』続編で輝きを失った人
Movies 「戦いだけの物語じゃない」
Sports 「俺様野郎」ズラタンがアメリカ征服宣言
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 見当違いな銃乱射対策のススメ
Picture Power アメリカが失った「感じる力」
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中