Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.9. 6号(8/30発売)

特集:トランプの黒歴史

2016年9月 6日号(8/30発売)

Cover Story

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

米大統領選 トランプは終わっていない
候補者 トランプ「辣腕実業家」の虚像
評価 この男は米社会の「内なる敵」だ

遺伝子で進化する癌研究

地政学 クーデターの危機からエルドアンを救ったのはプーチン?
遺伝子 双子が解き明かす癌リスクと遺伝の謎
知識 人種と結婚と癌の不思議な関係/夜勤の女性は乳癌にご用心/背が高い人ほど癌になりやすい?
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 北朝鮮にスポーツ制裁できない理由
JAPAN 民進党をむしばむ「鳥越シンドローム」
FRANCE 「刺客」続出でオランド続投に黄信号
LATVIA 東欧諸国が移民に「祖国へ帰ろう」運動
INDIA パキスタンを褒めたインド人女優が窮地に
SYRIA トルコのシリア介入とアメリカの難局
ISRAEL イスラエル極右国防相の人気度
BY THE NUMBERS 2050年には地球が人であふれる?
BRITAIN 国営医療制度にもブレグジットの暗雲が
TURKEY 「テロ討伐」の大義名分に限界
CHINA 「南シナ海の無法者」封じに日本は役割を
PHILIPPINES 麻薬戦争が町を血で染める
Asia
MONGOLIA 中国を脅かすモンゴルとバチカンの関係
Offbeat
防衛計画よりポケモンGO
ド ーピング批判に反論で「プーチン五輪」を開催
People
世界最速の男ボルトは手も早かった……、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
中南米 内戦後もコロンビアの暴力は続く
スポーツ インドはなぜ五輪で勝てない?
五輪 変わる中国のスポーツ観
提言 ブルキニ禁止はテロ防止の逆効果
民主党 好調ヒラリーを襲う財団疑惑
テレビ ウクライナvsロシアの不条理な世界
自然 世界遺産に忍び寄る環境リスクの影
【LIFE/STYLE】
Books ハリポタ「続編」の残念な展開
Books ハリポタがトランプ旋風を止める?
Movies 『セルフレス』が捉える時代の空気
Food ピザはなんでも知っている
Travel 変貌する国際都市ダブリンを行く
Technology スマホのデータは「瞳」で守る
Fashion ラコステが生んだポロシャツ秘話
【DEPARTMENTS】
Picture Power サプールという粋な生き方

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 4

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 5

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身…

  • 6

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 7

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 10

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!