Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.8.30号(8/23発売)

特集:世界が期待するTOKYO

2016年8月30日号(8/23発売)

Cover Story

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

東京 TOKYO in 2020
PERSPECTIVES  世界が見つけた東京の魅力
ダイナミックに整然とメガ都市が奏でる交響曲 アフシン・モラビ/「安全」という贅沢品が中国人を引き付ける 陳言/電線にサヨナラして景観を再生しよう パックン(パトリック・ハーラン)/客への敬意が感じられるハズレなしの美食都市 クリストファー・ペレグリニ/活気あるアメーバ都市はネオンの夢を見続ける ピーター・タスカ/縄文期に思いをはせ文化のルーツを探ろう エバレット・ブラウン
■データ 数字が語る東京の多彩な姿
PRESERVATION  街の歴史の「生き証人」を守れ
TSUKIJI  「日本の台所」築地の豊洲移転で失われるもの
SPOTS  本誌×『Pen』合同企画 失われる東京、遺したい東京
NATURE  緑豊かな秘密の宝石を探して
六義園 文京区/深大寺 調布市/等々力渓谷 世田谷区/葛西臨海・海浜公園 江戸川区/御岳山 青梅市/伊豆大島 大島町/日原 奥多摩町/槇寄山 檜原村
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA シリア刑務所の拷問地獄
JAPAN クリーンな東京五輪実現のために
GREECE ギリシャを目指す難民が再び急増中
TURKEY トルコの粛清がNBA選手にも飛び火
ECONOMY FRBが利上げをためらう理由は
FRANCE ブルキニ禁止がさらけ出した対立
GERMANY ドイツまでがイスラムに厳しい理由
BRAZIL リオ五輪、あの不安材料はどうなったか
UNITED STATES トランプは全裸像と共に去りぬ?
Asia
JAPAN 小池劇場と民主主義の限界
CHINA 仲裁裁判の不満の矛先は米
NORTH KOREA 亡命の波は王朝終焉のシグナルか
People
米スター選手はなぜ強盗事件を捏造した?
【FEATURES & ANALYSIS】
TPP 貿易自由派はオバマだけ
安全保障 「核の先制不使用」の軽率さ
提言 「崩壊」ベネズエラを救う唯一の道は
人権 中国で性奴隷にされる脱北女性
【LIFE/STYLE】
Alcohol イギリスで「ジン狂い」復活
Work 人事評価の悩み解消は新世代アプリで
Movies 映画が問う台湾アイデンティティー
Kids 話す力を伸ばすなら騒音禁止
【DEPARTMENTS】
Picture Power 世界が抱える環境移民という時限爆弾

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!