Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.5.24号(5/31発売)

特集:アメリカとヒロシマ

2016年5月24日号(5/31発売)

Cover Story

オバマが現職の米大統領として初めて広島を訪れる──。被爆地に注目が集まる今だからこそ耳を傾けるべき声がある。

視点 オバマの広島訪問と日米の過去との対話
インタビュー トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味
被爆者 「謝罪」の喧騒に警鐘を鳴らす
被爆地 ヒロシマと長崎 今も語られぬ原爆

スノーデン事件と「第3の男」

アメリカ 米政府の監視活動が暴露されたのは「内部告発つぶし」ゆえ
【PERISCOPE】
InternationaList
FRANCE 厳戒パリの空港で職員がテロに協力?
TAIWAN 蔡総統誕生で困るのは中国だけ
BRITAIN 国民投票を前に英経済はもう打撃
EUROPEAN UNION 難民特需で荒稼ぎする密航業者
VENEZUELA 「末期」マドゥロ政権の暴走
TRADE TPPの米経済への恩恵は微妙
RUSSIA プーチンのNGO弾圧が止まらない
RUSSIA ロシアとASEANの接近を歓迎すべき訳
NIGERIA 少女救出でも続くボコ・ハラムの脅威
U.S. Affairs
イラン核合意の説明は全部作り話だった?
「トランプ大統領」を有権者は本気で恐れろ
【FEATURES & ANALYSIS】
台湾 「ヒマワリ」の影が覆う新総統の船出
朝鮮半島 北に翻弄される韓国の諜報活動
サイバー犯罪 あなたのデータが「人質」になる日
医療 外科医ロボットがオペ室の主役に
【LIFE/STYLE】
Work 「やったことリスト」のすごい効用
Education オバマ長女も取るギャップイヤーって?
Health 痛み止めの思わぬ副作用
Music 「ロックもラップもいずれ死ぬ」
Movies 『スノーホワイト』続編の名演技と映像美
Food ポルトガルで出合う究極のエッグタルト
Travel 異色美術館がタスマニアを変える
【DEPARTMENTS】
Picture Power 租税回避地の知られざる素顔

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 8

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!