Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.5.24号(5/17発売)

特集:最後の冷戦国家 北朝鮮の論理

2016年5月24日号(5/17発売)

Cover Story

36年ぶりの党大会で新路線を打ち出した金正恩。核に固執しつつ父の「先軍政治」を捨てるその真意とは──

北朝鮮 「先軍政治」を捨てた金正恩の賭け
■新生・北朝鮮の人事ににじむ独裁者の苦悩
フォトエッセー カメラの前で作られた「日常」
メディア 近くて遠過ぎた取材対象

ギリシャを襲う理不尽な現実

ヨーロッパ 新たなデフォルト危機に大量の難民──この国は浮上できるのか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 軍資金のため「トランプ、都へ行く」
JAPAN オバマ広島訪問より大切なもの
RUSSIA プーチンが「世界が称賛する男」6位に
GERMANY ドイツが軍縮から軍拡へと舵を切った
IRAQ バグダッド連続テロとイラク政府の混迷
BRAZIL ブラジル大統領を追い込んだ2つの潮流
CHINA 習近平の文革が始まった
PANAMA 新生運河が真のパナマ経済を支える
Asia
CHINA 「L字型成長」経済の難題と希望
U.S. Affairs
予備選で露呈した「本命」ヒラリーの弱点
無関係のNY市民がISIS「殺害リスト」入り
全米を揺るがすトイレ論争
People
「中国は失礼」英女王の真意は、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
イギリス ブレグジットで主権回復?
フィリピン アジアのトランプは独裁へ走るか
米大統領選 トランプ経済顧問の「健忘症」
テクノロジー 危険な独裁者、フェイスブック
アメリカ 「持ち主しか撃てない銃」の是非
環境 絶滅寸前のトラの生息数が回復の兆し?
食品 ベジタリアンもOK、人工エビをどうぞ
【LIFE/STYLE】
Travel 『ゲーム・オブ・スローンズ』への旅
Food 波乱の歴史の末に花開いた美食の文化
Food 絶品料理とゲテモノを食べ尽くすコツ
Technology 運転中の携帯使用、検知します
Technology フェイスブック金融の地殻変動
Medicine ボトックスの効能はシワ取りだけ?
Movies 中国がハリウッドに熱烈ラブコール

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、飲食店でエクアドル産冷凍エビの包装から新型…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!