Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.5.24号(5/17発売)

特集:最後の冷戦国家 北朝鮮の論理

2016年5月24日号(5/17発売)

Cover Story

36年ぶりの党大会で新路線を打ち出した金正恩。核に固執しつつ父の「先軍政治」を捨てるその真意とは──

北朝鮮 「先軍政治」を捨てた金正恩の賭け
■新生・北朝鮮の人事ににじむ独裁者の苦悩
フォトエッセー カメラの前で作られた「日常」
メディア 近くて遠過ぎた取材対象

ギリシャを襲う理不尽な現実

ヨーロッパ 新たなデフォルト危機に大量の難民──この国は浮上できるのか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 軍資金のため「トランプ、都へ行く」
JAPAN オバマ広島訪問より大切なもの
RUSSIA プーチンが「世界が称賛する男」6位に
GERMANY ドイツが軍縮から軍拡へと舵を切った
IRAQ バグダッド連続テロとイラク政府の混迷
BRAZIL ブラジル大統領を追い込んだ2つの潮流
CHINA 習近平の文革が始まった
PANAMA 新生運河が真のパナマ経済を支える
Asia
CHINA 「L字型成長」経済の難題と希望
U.S. Affairs
予備選で露呈した「本命」ヒラリーの弱点
無関係のNY市民がISIS「殺害リスト」入り
全米を揺るがすトイレ論争
People
「中国は失礼」英女王の真意は、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
イギリス ブレグジットで主権回復?
フィリピン アジアのトランプは独裁へ走るか
米大統領選 トランプ経済顧問の「健忘症」
テクノロジー 危険な独裁者、フェイスブック
アメリカ 「持ち主しか撃てない銃」の是非
環境 絶滅寸前のトラの生息数が回復の兆し?
食品 ベジタリアンもOK、人工エビをどうぞ
【LIFE/STYLE】
Travel 『ゲーム・オブ・スローンズ』への旅
Food 波乱の歴史の末に花開いた美食の文化
Food 絶品料理とゲテモノを食べ尽くすコツ
Technology 運転中の携帯使用、検知します
Technology フェイスブック金融の地殻変動
Medicine ボトックスの効能はシワ取りだけ?
Movies 中国がハリウッドに熱烈ラブコール

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 7

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!