Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.3.31号(3/24発売)

特集:中国の新常態

2015年3月31日号(3/24発売)

Cover Story

国家大改革の狼煙か、単なる景気減速の言い訳か
「ニューノーマル」と習近平政権の見えない未来

中国経済 中国「新常態」の厳しい舵取り

政策転換 新常態がもたらす中国経済の新常識

環境 PM2.5と新常態は遠くて近い関係

政治 習体制を脅かす異常事態の影

■反汚職 ハエたたきの影響はトラ狩りより深刻?

優等生国家を撃ち抜いた銃弾

チュニジア 「アラブの春」発祥の国を襲った観光テロの破壊力
【PERISCOPE】
InternationaList
TUNISIA 回復途上の観光業をくじく博物館テロ
CHINA AIIB構想とアメリカの手痛い失策
SYRIA えっ!アサドと交渉するつもりなの?
NIGERIA 追い詰められたボコ・ハラムの最終手段
VENEZUELA 国民総出でオバマに嘆願書
UKRAINE 併合1年クリミアの惨状
ISRAEL 不人気ネタニヤフが史上最長の首相に
RUSSIA 「高支持率」プーチン、国威発揚の代償
INDIA 人生を懸けたカンニング大作戦
FRANCE テロ対策でフランスの自由が危ない?
RUSSIA 核発言が招く軍拡競争と日本の「無力」
Asia
MALAYSIA マレーシアでも石打ち刑が?
NORTH KOREA 
    BBCが北朝鮮向けラジオ局を準備中
Business
偽アップルウォッチが占う中国での本物人気
Offbeat
老舗ニンテンドーが「禁断の果実」を手に
ドローン配送を阻む規制の壁
People
軍務終了ヘンリー王子の成果と転身、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
宗教 悪気なきブッダ冒瀆にミャンマー人が激怒
軍隊 女性徴兵に乗り出すノルウェー流男女平等
ジェンダー 欧州の政界は私たちが担う
人権 イラン式「少子化対策」の時代錯誤
ビジネス ウーバーを脅かす運転手の反乱
米社会 万引に付け込む怪しいビジネス
テレビ HBOの生き残りを懸けた戦略
【LIFE/STYLE】
Fashion アップルウオッチがロレックスに勝てない理由
Technology 人気アプリYik Yakの割れる評判
Education 「褒めて育てよ」はほどほどに
Travel コックピットからパイロットが姿を消す日
Movies 大人になった永遠の「ボーイズ」
Literature 激化するシェークスピア「別人説」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 3

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 7

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 8

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!