Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2014.5.27号(5/20発売)

特集:中国の横暴と深謀

2014年5月27日号(5/20発売)

Cover Story

南シナ海で「領海拡大」を目指す中国とベトナムが一触即発
アジアに広がる敵対感情は地域に何をもたらすのか

領海問題 「平和的台頭」の幕が下りる日

背景 中国が南シナ海にこだわる理由

主張 「南進」圧力に直面するASEANの秘策

中国 南シナ海を狙う共産党の妄想と野心

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

インド8億人の選挙狂騒曲

腐敗 世界最大の民主国家の総選挙で「酒とカネ」の伝統は健在だった

ビジネスを変えるF1

スポーツ 自動車レースの超効率的プロセスがビジネスで大活躍
PERISCOPE
InternationaList
VIETNAM 反中国デモに油を注いだ「低賃金」
INDIA 次期首相が掲げる「モディノミクス」の限界
EUROPE 人種差別で汚れた欧州サッカー
SYRIA シリアの混乱を加速させたのはアメリカ?
UKRAINE 住民投票で深まるウクライナの亀裂
NIGERIA テロリストとの交渉は許されるか
RUSSIA ウクライナ報復、ロシアの切り札は宇宙
AUSTRALIA 「年金は70歳から」の英断
Asia
JAPAN メディアが報じない集団自衛権の本質
Business
「 忘れられる権利」の不都合な真実
グーグルグラスは愛すべき試作品
People
ロシアを激怒させた美しきヒゲ面の歌姫、ほか
FEATURES
諜報 アメリカはイスラエルスパイの楽園
米政治 石油と環境にオバマは板挟み
メディア アフガン大統領選報道のジレンマ
ビジネス フィリピン式英語で急成長
エジプト 観光客去ってケシの花が咲く
イギリス 求む、アメリカの選挙参謀
アフリカ ルワンダの寿命が2倍になった訳
サイエンス パナマ運河の土砂は化石の宝庫
災害 世界を襲う地滑りの脅威
健康 10代で見る悪夢にご用心
CULTURE
Movies 超ディープなレゴの世界へようこそ
Television 「24」のあの男が帰ってきた
Food 知られざるチキンナゲット誕生の歴史
Travel 観光の切り札はスター・ウォーズ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中