Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2014.4. 8号(4/ 1発売)

特集:プーチンの危険度

2014年4月 8日号(4/ 1発売)

Cover Story

ロシアによるクリミア編入でこじれる世界
欧米はなぜプーチンの「強さ」を過小評価したのか

ロシア プーチンの危険度を侮るな

対立 欧米が見誤ったプーチンの歴史観

反撃 制裁合戦が宇宙に飛び火?

主張 対ロ制裁に意味がない理由

分析 「ロシア抜き」の世界新秩序

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

それでも変わらない日韓関係

外交 取りあえず会談したが、日韓の距離は簡単には縮まらない
PERISCOPE
InternationaList
EGYPT シシは本当に軍服を脱いだのか
MALAYSIA マレーシア機事件の気掛かりな波紋
SYRIA シリアの悲劇を忘れた欧米諸国
SERBIA セルビア次期首相は独裁者の元側近
NETHERLANDS 極右党首が憎悪発言で窮地に
AFGHANISTAN 中国が望む米軍のアフガン駐留
FRANCE 世論に見放されたオランドだが
GERMANY ドイツのエネルギーが手詰まりに
Asia
NORTH KOREA 北朝鮮に広がる新たな薬物汚染
U.S. Affairs
飲酒とセクハラに蝕まれたシークレットサービス
核ミサイル基地で前代未聞の集団カンニング
Business
不況のスペインを新たなデモが揺るがす
仮想現実の世界へフェイスブックが参入
銅の下落に世界の投資家が注目する訳
People
北朝鮮男子はみんな金正恩カットに?、ほか
FEATURES
中台関係 台湾学生運動の本当の敵
タイ ほほ笑みの国に内戦の危機
シリア 医療崩壊が子供たちを殺す
イギリス 英エリート校に巣くう性的虐待
ロシア 男たちを死に追いやる「ソ連崩壊」
航空業界 さらば、ジャンボジェット
遺伝子組み換え 害虫の逆襲が始まった
新分野 植物の光合成を30%アップ
育児 子供のiPad禁止は正しい選択か
サイエンス 動物実験が必要なくなる日
CULTURE
Theater バリシニコフが飛び出した新世界
Movies レズビアン高校生の切ない成長物語
Movies 『8月の家族たち』は煮崩れたシチュー?
Movies 『ジャッカス』第4作は意外にほろり
Food マヨネーズ嫌いの歴史と心理学
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中