コラム

「香港はディアスポラ。既に10万人が英国にいる」中国から指名手配される活動家サイモン・チェン

2021年07月07日(水)11時10分
サイモン・チェン

元在香港英国総領事館職員のサイモン・チェンは英国に逃れてきた香港市民を支援する団体を設立した COURTESY OF SIMON CHENG

<香港市民に英国永住への道を開いた英国で、香港人たちを支援するサイモン・チェン。元在香港英国総領事館職員の彼は「台湾統一への誤ったシグナルを送るな」と警告した>

※もう1人の在英活動家、羅冠聡(ネイサン・ロー)のインタビューから続く:「一国二制度は終わったが、独裁は永遠に続かない」英国に亡命した香港民主活動家、羅冠聡インタビュー

2019年8月、中国公安当局に2週間以上拘束され、その後英国への政治亡命が認められた元在香港英国総領事館職員サイモン・チェンも国安法違反容疑で指名手配されている。

「有名でも活発な民主派でもなかったが、スパイ容疑をかけられ、身に覚えのない買春を自白させられた。海外に逃れ、活動に転じたことに悔いはない」と、筆者の取材に答えた。

チェンはメディアやフォーラムで香港での弾圧を訴える一方で、英国に逃れてきた香港市民を支援する団体「英国港僑協会」を創設した。

定住、メンタルヘルスから、英語学習など教育、履歴書の書き方など就労に至るまでサポートを提供している。親交を深めるためロンドンツアーも行った。英語クラスには200人から申し込みがあったという。

会員制は取っていない。万一、個人情報が漏れると中国に弾圧される恐れがあるからだ。

同協会の憲章でチェンは「香港はもはや単なる都市ではなく、ディアスポラ(離散した人々)であり、常に共通の文化的価値観を保ち、実践している」と宣言している。

英国は今年1月末、香港市民に英国永住への道を開く特別ビザ申請の受け付けを開始した。

特別ビザ申請は1997年の香港返還前に生まれた約290万人の英国海外市民(BNO)資格を持つ香港市民とその家族に認められ、英内務省によると3月末時点で3万4300人が申請した。

チェンは「既に10万人が香港を逃れて英国にいる」と試算する。

英政府は香港市民の定住を支援する歓迎プログラムに4300万ポンド(66億円)を充てる。

「英国は香港市民に最も優しい国だ。だが国安法でパスポートや渡航書類が没収されると香港から脱出できなくなる。パンデミック(世界的大流行)を口実に英国から香港への航空便も停止された」とチェンは言う。

4月には香港立法会で移民法が可決され、施行開始となる8月からは当局が入出境制限に絶対的権限を持つようになる。

「香港に出入りするのが好ましくないと当局が判断すれば誰でも止めることができる」

8月までにさらに多くの香港市民が英国に逃れることが予想されるため、当局は監視を強化しているとチェンは分析する。

「脱出するチャンスが完全に奪われることを一般市民は恐れている。頭脳流出や資本逃避の防止、金融都市の地位を守るためなど口実はいくらでもある」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ

ワールド

ロシア、拘束中のWSJ記者の交換で米国と接触=クレ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story