コラム

「戦争が始まる」と信じる欧州の若者たち 平和と繁栄のEUは生き残れるか 欧州議会選始まる

2019年05月24日(金)10時07分
「戦争が始まる」と信じる欧州の若者たち 平和と繁栄のEUは生き残れるか 欧州議会選始まる

5月23日、欧州議会選の投票が行われたロンドンの投票所(筆者撮影)

[ロンドン発]欧州の未来を大きく左右する欧州連合(EU、人口約5億1260万人)の欧州議会選が5月23日、英国、オランダを皮切りに始まった。26日まで投票が行われ、28カ国で計751議席を争う。出口調査の結果は英国時間で投票が締め切られる26日午後10時に発表される。

テリーザ・メイ首相は24日に辞任すると英紙タイムズが1面トップで報じたこの日、朝早くから欧州議会選の投票が行われた。フラット上階の保育ママ、キャサリンは「絶対に残留よ」と息子を連れて投票所に出掛けた。2人とも筆者に親指を突き立て、笑顔を見せた。

投票所ではオランダ出身の妻と一緒に投票を済ませた年金生活者の男性(69)が「英国はEUに残留した方が良い。新党チェンジUK(労働党と保守党の残留派が合流して結成)に入れたよ」と話した。

筆者の暮らすロンドンのランベス区は3年前のEU国民投票で、スペイン南部にある英海外領土ジブラルタルの96%に次いで残留派が79%と多かった地域である。

「国民投票の再実施」を口にして崩壊

今回の欧州議会選(英国)では、市民生活や企業活動に混乱をもたらす「合意なき離脱」を主導する新党ブレグジット党の支持率は最高で38%に達した。一方、残留派は労働党、自由民主党、チェンジUK、緑の党、スコットランド民族党(SNP)にまたがっている。

ロンドンのシンクタンク、欧州外交評議会(ECFR)の調査では離脱派と残留派は同じ36%前後で大接戦を繰り広げている。

EUとの離脱交渉が暗礁に乗り上げたメイ首相は与党・保守党の強硬離脱派、北アイルランドの地域政党・民主統一党(DUP)に続き、与野党協議を続けていた最大野党・労働党にまで見放された。

「断末魔」と化したメイ首相はEUとの離脱合意が下院で承認されることを条件に、その合意を国民投票にかけるかどうかを下院にかける10ポイントプランを発表した。

下院で過半数を得るため残留派の支持を取り付ける必要があるからとは言え、強硬離脱派にとっては禁忌(きんき)の「国民投票の再実施」を匂わすとは。これでは政権が崩壊しない方がおかしい。

案の定、これまで政権を支えてきた強硬離脱派のアンドレア・レッドサム下院院内総務が辞任。2017年の抜き打ち解散・総選挙以降、辞任した閣僚や閣外担当相らは実に計50人。このうちEU離脱交渉が原因になったのは34人という前代未聞の惨状である。

前出のECFRは欧州議会選に関連して、いくつか興味深いデータを出している。EUと自国政府のどちらも機能していると回答したのは英国ではたった7%。南欧のギリシャ6%、イタリア9%、フランス10%。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!