コラム

サウジ、IS、イランに共通する「宗教警察」の話

2016年04月26日(火)16時46分
サウジ、IS、イランに共通する「宗教警察」の話

サウジアラビアでは「勧善懲悪委員会」、ISでは「ヒスバ」、イランでは「ギャシュテ・エルシャード(道徳パトロール)」と呼ばれる宗教警察があり、礼拝や断食をさぼっていないか、女性がスカーフをきちんと着けているかなどを取締っている(サウジアラビアにあるイスラームの聖地メッカ) Ahmad Masood-REUTERS

 少し古い話だが、3月はじめ、たまたまテレビを見ていたら、よくメディアに登場する予備校講師が「イスラム国(IS)はワッハーブ派である」と断言していた。それに対し共演のジャーナリストが「そのとおり。ISの行動は世界史の教科書で理解できる」と相槌を打っていた。

 ワッハーブ派というのは、18世紀のアラビア半島に現れたイスラーム法学者、ムハンマド・ビン・アブドゥルワッハーブの名に由来する。彼の考えかたが現代のサウジアラビアの建国理念に強い影響を与えており、それゆえ、サウジアラビアのイスラームはしばしばワッハーブ派と呼ばれている。

 実は、この番組が放映された日、サウジアラビアからアールッシェイフ諮問評議会議長が来日した。諮問評議会議長というのは、日本でいえば、国会議長のような存在なのだが、問題はこの人の姓だ。アールッシェイフというのは、「シェイフ家」の意味で、シェイフとはアラビア語で「師」や「先生」「長老」などを指す。実は、ここでいう「師」とは、上述のムハンマド・ビン・アブドゥルワッハーブのこと。つまり、アールッシェイフといえば、ムハンマド・ビン・アブドゥルワッハーブの子孫なのである。

 ワッハーブ派とテロ組織を同一視する発言がテレビで流れた、まさにその日、ワッハーブ派総本山のような人が外務省公式の招待で訪日したのである。わざとぶつけたとしたら、すごいと思うが、おそらく偶然だろう。いわゆるシンクロニシティーであろうか。

【参考記事】テロを呼びかけるイスラームのニセ宗教権威

 さて、そのワッハーブ派だが、日本ではよくサウジアラビアの「国教」として紹介される。だが、サウジアラビアの国教はイスラームであって、ワッハーブ派ではない。かの国では公にはこの語は用いられず、具体的にいうなら、スンナ派か、同派公認法学派であるハンバリー派といった表現になろう。

 では、ISのイデオロギーはワッハーブ派なのか。個人的には、両者の共通点はさほど多くないと思うが、ここでは深入りしない。ただ、ISの思想がワッハーブ派だと主張する人で、ムハンマド・ビン・アブドゥルワッハーブの著作を読んだことのある人などほとんどいないはずだ。これはフェアといえないだろう。

 もちろん、ワッハーブ派がISと全然異なるというわけではない。ISには多数のサウジ人が参加しているし、ISの宣伝文書中には、ムハンマド・ビン・アブドゥルワッハーブや彼に連なる法学者たちの名前も引用されている。

 制度面でも斬首や四肢切断、石打といった刑罰は共通する。しかし、こうした厳罰は、クルアーン(コーラン)に規定された刑罰(ハッド刑)であり、ワッハーブ派だから、ISだからこういう罰ということではない。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅続伸、416円高 連日でバブル

ワールド

尖閣周辺での活動、前向きな対応求めた=中国外相との

ビジネス

NZ中銀、住宅ローン規制再開の意向 マイナス金利観

ワールド

GoToトラベル、地域経済の支援策で極めて有力=菅

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 6

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!