コラム

【人生相談】「休み時間に誰も遊んでくれない」息子にどう声を掛けるべき?

2019年11月20日(水)17時00分
【人生相談】「休み時間に誰も遊んでくれない」息子にどう声を掛けるべき?

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE, PHOTO BY GETTY IMAGES PLUS

<想像力豊かでお利口さん、友達もたくさんいるのに小学1年生の息子は暗い顔。米小説家のミシェル・ハーマンがお答えします>

Q:小学1年生の息子のことで相談です。想像力豊かなお利口さんで、友達にも好かれているようだし、先生にも「誰とでも仲良くできる」と言われています。でも、休み時間に誰も遊んでくれない、と本人は暗い顔。

よく聞いてみると、彼はブロードウェイ版のロビン・フッドをみんなで演じたいのだけれど、みんなはブランコや雲梯(うんてい)で遊びたがるのだとか。「ロビン・フッドごっこでなくてもいいじゃない。みんなと遊べば?」と言っても聞きません。弟や近所の子たちは彼の提案に乗ってくれるので、同級生にもそうしてほしいのかもしれません。

何か手助けすべき? 彼が自分で友達との付き合い方を学ぶまで黙って見守るべきでしょうか?

──ロビン・フッドのママ

 

A:わが家にも「演劇人のタマゴ」がいました(もう成人して、今は演劇界で仕事をしています!)。彼女を育てた経験からアドバイスしますね。

娘には、ほかの子が何をしたがっているか考えよう、と話しました、誰もが同じタイミングで同じ遊びをしたがるわけじゃないことも。それから交換条件についても。例えば4日連続でみんなの遊びに加われば、5日目にはみんながあなたの遊びに乗ってくれるかもしれない、と。

うちの娘も息子さんと同様、学校の外ではライオン・キングごっこに付き合ってくれる友達がいたので、「気の合う友達がいっぱいできるといいね」とも話しました。娘が1年生の頃は、たまたま同じ場に居合わせた子供たちと一緒に遊ぶよう、さりげなく後押ししました。そして、その中で同じような興味を持ち、演劇ごっこを楽しんでくれそうな子を見つけるように、と。

娘はダンス教室や劇団主宰のデイキャンプなど、いろいろな場で共通の趣味を持つ友達がたくさんできたみたい。親はちょっとしたヒントを与えるだけで十分。想像力豊かで賢い子なら、友達とのベストな付き合い方をきっと自分でつかんでくれますよ。

── ミシェル・ハーマン(小説家、スレート誌人生相談員)

 

©2019 The Slate Group

<2019年11月5日号掲載>

▼あわせて読む
【人生相談】「母娘関係に正解はある?」1人が好きな娘にやきもきしてます
【人生相談】「サンタを信じているふりをして」と子持ちの友人に言われました

20191126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月26日号(11月19日発売)は「プラスチック・クライシス」特集。プラスチックごみは海に流出し、魚や海鳥を傷つけ、最後に人類自身と経済を蝕む。「冤罪説」を唱えるプラ業界、先進諸国のごみを拒否する東南アジア......。今すぐ私たちがすべきこととは。

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、共和党全国大会の開催地変更も 社会的距

ワールド

豪首相、コロナ景気対策「いずれ脱却する必要」

ビジネス

欧州、銀行保全で連携する必要 EU復興基金利用も=

ワールド

スペイン、外国人観光客受け入れ再開へ 7月から隔離

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 5

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!