ニュース速報

ワールド

中国が重要技術で先行、AUKUS研究共有の必要性示す=調査

2023年06月06日(火)09時02分

 6月6日、シンクタンクのオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は、米英豪による安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」が優先課題とする23の技術のうち、極超音速、電子戦、海底ドローンなど19の技術で中国の研究が先行し、AUKUS内で研究成果を共有する必要性を浮き彫りにしているとの調査結果を発表した。カリフォルニア州サンディエゴで3月13日撮影(2023年 ロイター/Leah Millis)

[シドニー 6日 ロイター] - シンクタンクのオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は6日、米英豪による安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」が優先課題とする23の技術のうち、極超音速、電子戦、海底ドローンなど19の技術で中国の研究が先行し、AUKUS内で研究成果を共有する必要性を浮き彫りにしているとの調査結果を発表した。

米国の防衛技術の共有は厳しく管理されており、同国のアナリストらはこれまで、さまざまな規制がハードルとなり、AUKUSの原子力潜水艦建造計画だけでなく、「第二の柱」に位置づけるとみられる極超音速や対超音速技術、量子、人工知能(AI)、電子戦における協力強化も遅らせる可能性があると指摘してきた。

ASPIは200万件もの科学論文を分析し、中国が極超音速や対超音速技術、電子戦、主要な海底装置で圧倒的に先行しているとした。

一方、AUKUS諸国は先進的なロボット工学、敵対的AIリバースエンジニアリング、サイバーセキュリティ能力、量子センサーなど、いくつかの分野の研究で世界をリードしているとした。

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国地方特別債発行、8月は6007億元に急増

ビジネス

ファーウェイが最新スマホ性能説明を見送り、孟会長の

ワールド

中国、APEC成功へ建設的役割を果たす用意 王外相

ワールド

米ロ、ナゴルノカラバフ危機巡り非難の応酬

MAGAZINE

特集:日本化する中国経済

特集:日本化する中国経済

2023年10月 3日号(9/26発売)

バブル崩壊危機/デフレ/通貨安/若者の超氷河期......。失速する中国経済は日本経済と同じ道をたどるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中央アジアでうごめく「ロシア後」の地政学

  • 2

    これぞ「王室離脱」の結果...米NYで大歓迎された英ウィリアム皇太子、弟夫婦が受けた扱いとの違いは歴然

  • 3

    「ケイト効果」は年間1480億円以上...キャサリン妃の「記憶に残る」7着のドレス

  • 4

    西日本最大級のグルメイベント「全肉祭」 徳島県徳…

  • 5

    「クレイジーな誇張」「全然ちがう」...ヘンリーとメ…

  • 6

    横暴中国、バリアーを張って南シナ海のフィリピン漁…

  • 7

    中国高官がまた1人忽然と消えた...中国共産党内で何…

  • 8

    「中流階級」が50%以下になったアメリカ...縮小する…

  • 9

    広範囲の敵を一瞬で...映像が捉えたウクライナ軍「ク…

  • 10

    マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳…

  • 1

    マイクロプラスチック摂取の悪影響、マウス実験で脳への蓄積と「異常行動」が観察される

  • 2

    常識破りのイーロン・マスク、テスラ「ギガキャスト」に「砂」活用し他社引き離す

  • 3

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...「スナイパー」がロシア兵を撃ち倒す瞬間とされる動画

  • 4

    これぞ「王室離脱」の結果...米NYで大歓迎された英ウ…

  • 5

    「ケイト効果」は年間1480億円以上...キャサリン妃の…

  • 6

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 7

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 8

    J.クルーのサイトをダウンさせた...「メーガン妃ファ…

  • 9

    ロシアに裏切られたもう一つの旧ソ連国アルメニア、…

  • 10

    「クレイジーな誇張」「全然ちがう」...ヘンリーとメ…

  • 1

    イーロン・マスクからスターリンクを買収することに決めました(パックン)

  • 2

    墜落したプリゴジンの航空機に搭乗...「客室乗務員」が、家族に送っていた「最後」のメールと写真

  • 3

    <動画>ウクライナのために戦うアメリカ人志願兵部隊がロシア軍の塹壕に突入

  • 4

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 5

    コンプライアンス専門家が読み解く、ジャニーズ事務…

  • 6

    「児童ポルノだ」「未成年なのに」 韓国の大人気女性…

  • 7

    サッカー女子W杯で大健闘のイングランドと、目に余る…

  • 8

    「これが現代の戦争だ」 数千ドルのドローンが、ロシ…

  • 9

    「この国の恥だ!」 インドで暴徒が女性を裸にし、街…

  • 10

    ロシア戦闘機との銃撃戦の末、黒海の戦略的な一部を…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中