ニュース速報

ワールド

米ワシントン議事堂付近の爆弾騒ぎ解決、男を逮捕

2021年08月20日(金)07時47分

米警察当局は19日、首都ワシントンの連邦議会議事堂そばで爆発物を積んでいる恐れのある不審な車が見つかり、運転手の男を取り調べている(2021年 ロイター/Yara Nardi)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米首都ワシントンの連邦議会議事堂付近で19日、爆発物を積んでいる恐れのある不審な車が見つかった事件で、この車を運転していた男が警察に投降した。警察は男が実際に爆発物を積んでいたか明らかにしていないが、5時間以上にわたり現場近辺が通行止めになるなど影響が出た。

警察によると、フロイド・レイ・ローズベリーと特定された49歳の男が現地時間午前9時15分頃に議会図書館前の道路にピックアップトラックを駐車し、近づいた警察官に爆発物を積載していると伝えた。男はこの際、起爆装置とみられるものを手にしていた。これを受け、警察は付近を通行止めにすると同時に、近隣の建物にいる人を避難させた上で、男と交渉を開始。その後、男は投降し、身柄が確保された。

トラックの中からは爆弾製造の材料とみられるものが見つかったが、爆弾はなかった。また警察関係者によると、男は単独で行動したもようという。

フェイスブックに投稿された動画には、男が黒のピックアップトラックの車内で「革命が起きている。目的のために死ぬ用意ができている」と話している姿が映っている。

この男の元妻はロイターの取材に対し、この男が以前に統合失調症の診断を受けていたことを明らかにした。

フェイスブックは数時間後に男のプロフィールを削除し、動画を視聴できなくした。

警察は男の動機は不明としている。

隣人によると、男は共和党員で、トランプ前大統領への支持を示すために「Make America Great Again(アメリカを再び偉大に国に)」と書かれた赤い野球帽を時折かぶることがあったという。またソーシャルメディアで民主党を批判している。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

タイ中銀、2会合連続で0.25%利上げ 今年の経済

ビジネス

仏サノフィ、第3四半期は為替差益が業績に寄与へ

ビジネス

RIZAP、「5分で結果」のコンビニジム展開へ 5

ワールド

朝鮮半島の安定が重要、北朝鮮の懸念に対応を=中国外

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中