ニュース速報

ワールド

NZホワイト島火山噴火、なお8人行方不明 生存者いない可能性

2019年12月10日(火)06時06分

 12月9日、ニュージーランドの警察当局は10日、北島沖のホワイト島で9日発生した火山噴火で5人が死亡し、なお8人の行方が分かっていないと発表した。写真は煙をあげるホワイト島。ソーシャル・メディアから。提供写真(2019年 ロイター/GNS Science)

[ファカタネ(ニュージーランド) 10日 ロイター] - ニュージーランドの警察当局は10日、北島沖のホワイト島で9日発生した火山噴火で少なくとも5人が死亡し、31人が負傷したことを確認し、なお8人の行方が分かっていないと発表した。

アーダーン首相は記者団に対し、上空から確認したところ生存者がいる兆候は見られないと語り、警察もこれ以上の生存者の発見は見込んでいないとの見方を示した。

首相は負傷者の多くが重体とし、負傷者と行方不明者には、同国の国民のほか、オーストラリア、米国、英国、中国、マレーシアからの観光客が含まれると述べた。

噴火は現地時間9日午後2時11分(日本時間午前10時11分)頃に発生。アーダーン首相によると、相次いで2回の噴火が発生した。

地元警察によると、9日には47人がホワイト島を訪れていた。噴火の数分前には噴火口の縁辺りに数人いたことが目撃されている。

クルーズ船「オベーション・オブ・ザ・シー」号の観光客を含む23人がホワイト島から救出された。警察は記者会見で、島内にいる人数は分かっていないとした上で、危険なために救助隊が島にたどり着けないと明らかにした。

ニュージーランド・クルーズ協会の代表は「オベーション・オブ・ザ・シー号に乗船していたツアーグループが噴火に巻き込まれたと考えている。今のところ、それ以上の情報はない」と語った。

オベーション・オブ・ザ・シー号は、ロイヤル・カリビアン・クルーズ所有のクルーズ船で、5000人近くの乗客を収容でき、乗員は1500人。12月3日にシドニーからクルーズに出て、現在はニュージーランド北島のタウランガに停泊している。

ロイヤル・カリビアン・クルーズは電子メールの声明で「多くの乗客がきょう、ホワイト島ツアーに出かけていたことを確認する」としたが、「現在、それ以上明らかにする情報はない」と述べた。

モナシュ大学のキャス名誉教授は、居住者のいない島で毎日のように観光ツアーを許していたことは危険だと以前から感じており、「長年にわたり惨事が起こるのを待っていたようなものだ」との認識を示した。

地震観測サービス「ジオネット」は11月、火山活動の活発化を受け、ホワイト島の火山に対する警戒レベルを引き上げていた。

国家危機管理庁は、島の周辺は危険な状態にあると表明。噴煙は本島からも観測でき、一部の地域に火山灰が降る恐れがあるという。

ホワイト島の火山は、ニュージーランドで最も活動が盛んな活火山の1つ。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    東京都、26日の新型コロナウイルス新規感染270人 連…

  • 10

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!