ニュース速報

ビジネス

アングル:暗号資産投資に新潮流、人気増すネイティブトークン

2023年03月09日(木)16時01分

 3月7日、最先端のデジタル技術を舞台に活動する投資家にとっては、暗号資産(仮想通貨)の「総本家」とも言うべきビットコインはいささか古めかしい存在に映り始めている。2022年8月撮影(2023年 ロイター/Dado Ruvic)

[7日 ロイター] - 最先端のデジタル技術を舞台に活動する投資家にとっては、暗号資産(仮想通貨)の「総本家」とも言うべきビットコインはいささか古めかしい存在に映り始めている。

実際、一部の投資家はビットコインから、その高い成長力に魅せらる形で幾つかの別の暗号資産に乗り換えつつある。対象となっているのは、スマートコントラクト(売買契約を自動作成する仕組み)や分散型金融(DeFi)アプリを構築できるブロックチェーン・プラットフォームでそれぞれ使用される「ネイティブトークン」だ。

イーサやポルカドット、ソラナといったそれらのネイティブトークンの値動きに連動するマーケットベクターのスマートコントラクト・リーダーズ指数を見ると、今年に入ってからの上昇率は36%と、ビットコインの33%を上回っている。ソラナに至っては76%も上昇した。

暗号資産専門投資会社フィネキアのバンディープ・ランガー最高経営責任者(CEO)は、数ある暗号資産のうち最大のリターンが期待できるのは、DeFiアプリを支えるプラットフォーム上のスマートコントラクト型トークンだとの見方を示した。

ランガー氏は「これらは成長株のようなキャピタルゲインが見込める」と付け加えた。

コインシェアーズのデータによると、ビットコイン関連商品からは4週連続で資金が流出しているにもかかわらず、イーサとソラナに連動する投資商品は小幅に資金が入ってきており、投資家の間にもランガー氏の見立てに賛同する向きがいることが分かる。

時価総額トップ20の暗号資産の中には、イーサ、ポルカドット、ソラナ、カルダノなどのスマートコントラクト型トークンが入ってきている。

バンク・オブ・アメリカのアナリストチームも、スマートコントラクト型トークンとそれに対応するブロックチェーンベースのアプリを、株式市場におけるハイテク銘柄などの成長株になぞらえた。

2月24日付の調査ノートには「われわれは、今年がトークン間の価格がかい離する1年になると予想している」と記されている。

<なお大きい存在感>

ビットコインは長らくハイテク株と値動きが連動していたが、そうした関係は薄れつつある。スマートコントラクト型トークンが暗号資産分野の成長余地を次第に取り込み始めたことが原因だ。

ナスダック総合指数とビットコインの30日間の相関係数は2月23日に、昨年12月上旬以降で初めてマイナスに転じた。同係数はプラス1の場合、値動きの完全な連動を意味する。

ただ何人かの専門家は、世界的なマクロ経済の見通しや主要中央銀行の政策が、さまざまな暗号資産プロジェクトとそれらに対応するトークンの成長に影を落とす恐れもあるとくぎを刺した。

コインシェアーズの調査責任者ジェームズ・バターフィル氏は、暗号資産の間で値動きに大きな格差が生じると宣言するのは時期尚早だと警鐘を鳴らす。現にビットコインの存在感はなお大きく、年初時点で38%だった暗号資産市場の全時価総額に占める比率は足元で40%に拡大している。

一方でバターフィル氏は、値動きの大きな格差が現実になれば、それは暗号資産の世界が成熟している証拠かもしれないと述べた。

同氏は「暗号資産市場が進化し、より洗練されて成熟度が高まるのに伴って、われわれは価格のかい離が進むのを目にし始める、という考えを次第に受け入れていくべきだ」と主張している。

(Hannah Lang記者、Lisa Pauline Mattackal記者)

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中